香水のつけ方とは、

香水のつけ方とは、

誰でも、感覚た事が、有るでしょう。

 

香水の瓶から放たれている良い芳香。

 

コンパクトな頃その芳香を、嗅ぐと胸が、高鳴ったりしなかったでしょうか。

 

香水には、そんなメリットが、有るのです。

 

とは、いえ折角の芳香も香水の付け方1つで変わってしまう事が、有るので、誤りし無い様に忠告したいものです。

 

香水の芳香は、瓶に入っているままの実態には、成りません。

 

ボディーに付ける事で汗や体臭と混ざり合ってしまいますので、芳香が、徐々に変わってくる事に成るのです。

 

ですから香水を、つけるケースは、汗を、かいてい無い時、出来ることならお風呂上りの様なキレイな実態の時につけてあげれば良いとおもいます。

 

昔のフランス人は、お風呂にそんなに入らなかったから香水を、付けていたと言う話も聞いた事が、有るとおもいますが、それとこれとは、時代背景が、相違ます。

 

良い実態で香水を、付けて良い芳香を、楽しむ様にしたいものです。

 

NO.1香水を、付ける時期で良いと言われているのが、香水の芳香を、香らせたい30分程前だと言われています。

 

付けてからその位経つとボディーに芳香が、馴染んでその人の芳香として香るのでしょう。

 

家を、出る30分位前に香水を、付けておくと家を、出る頃には、良い芳香になっていて心持ちが、良いお出掛けが、出来ますよ。

 

またこの時は、香水を、ボディーに擦りつけ無い様にしてちょうだいね。

 

ランキングを、見てみると世代別、性別別、芳香のスタイル別と言う様にランキングが、掲載されている事とおもいます。

 

願わくは、自分自身自身のお好きに合わせて参照にして試してみては、如何でしょうか。

 

香水には、どんな種別が、有るのでしょうか

 

製造企業によって分類の手法は、変わりますが、香水の種別には、「パルファム」「オーデパルファム」「オーデトワレ」「オーデコロン」の4種別に分けられているのが、一般的です。

 

このなかでも、パルファンと呼ばれているのが、香水の事で、濃さが、NO.1高く芳香の維持性もNO.1高い物を、指しています。

 

とは、いえ、ケースによっては、コロン迄全ての種別を、香水と指しているケースも有るやうです。

 

パルファムからコロン迄何が、違うのかと言うと、芳香原材料の濃さに差が、有ると言う事だけだやうです。

 

濃さが、高い順からパルファム、オーデパルファム、オーデトワレ、オーデコロンと言う様に位置づけている製造企業が、いっぱい様で、パルファムを、NO.1グレードを、ちゃんとして作製していると言う事らしいのです。

 

では、オーデとは、どういう訳なのでしょうか。

 

フランスでは、「水の」と言う事を、「オーデ」と言う様に呼んでいる等事から、「香水の水」と言う様にしているやうです。

 

オーデ、または、オードとも言いますが、この言葉が、付くとやや水っぽいと言う雰囲気が、付いて来る為に、香水よりは、少し薄めだと言う事に成りますね。

 

ですから、オーデパルファム等、オーデが、付いている物は、香水のパルファムよりも濃さが、薄いと言う事に成るのです。

 

大人の女性用に大好評が、有るのは、やは、り「パルファム」でしょう。

 

ランキングでも、かなり上の方にランキングしている様です。

 

またパルファムでは、芳香が、強いと感覚る人のケース、オーデパルファム等少し濃さが、薄い香水を、使う人も結構いっぱいやうです。

 

こうした種別が、香水には、有ると言う事を、覚えておきましょう。

 

香水の芳香について

 

今も昔もあったら嬉しいギフトランキングに入るほど大好評が、有るのが、香水です。

 

香水は、色んな芳香原材料を、混ぜ合わせ、芳香を、1つにまとめて作っているのですが、原材料自体が、まとまっている訳では、無いので、人肌に香水を、つけてから芳香が、し易い原材料から次々と揮発されて香っていくと言う形になっています。

 

その為に時間が、経つにつれて芳香が、少しずつチェンジしていく様に成ると言う訳です。

 

では、どんな風に変わっていくのか少し挙げてみましょう。

 

先ずは、香水には、入っているエタノールが、飛びます。

 

香水を、瓶から嗅いだ時ツンとする芳香が、有るとおもいますが、これが、エタノールに成ります。

 

純度が、高ければそんなに気に成りませんが、揮発性が、高い為に人肌につけたら出だしに芳香として飛んでしまう物に成ります。

 

次に華やかなパーッとした芳香が、します。

 

これは、TOPメモ帳と呼ばれている部位で揮発性が、高いのが、良い点的です。

 

柑橘系の芳香と言えば雰囲気が、湧き易いでしょうか。

 

芳香は、出だし華やか、でも、維持し無い為直ぐに落ち着いた感覚の芳香に変わっていきます。

 

この落ち着いた感覚が、ミドルメモ帳と言う部位になり、香水の核と成る部位に成ります。

 

暫くミドルメモ帳の芳香が、続いて緩やかに芳香が、無くなっていきます。

 

そしてほんのり余韻が、有るかなと言う位の芳香に成ります。

 

これが、ラストメモ帳です。

 

香水は、こうした段階を、経て芳香が、変わっていきます。

 

ですからランキング上の方に来ているような香水もこうした芳香のチェンジが、メリット的で大好評になっている物も有るとおもいますので、こうした芳香の遷移も選ぶ基準とすれば良いとおもいますよ。

関連ページ

香水について
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
香水の選択法は、どうすれば良いでしょう
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
香水を、初めてオーダーするケース
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
香水のランキングについて
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
香水は、ボディーの何処につけたら良いのでしょうか
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
ブルガリの香水について
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
シャネルの香水
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
男性版香水ランキング
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
香水の芳香が、気に入らなかったら
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
練り香水について
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
練り香水は、何処でオーダーすればいいのでしょうか
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
香水を、たいせつに保存しましょう
香水のつけ方とは、、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。