高脂血症と食事

2016/12/12 01:05:12 | 高脂血症と食事
食事療法を行う場合、どの種類の高脂血症であっても共通して呼べることがあります。それは、コレステロールのコントロールをしっかりと行なうことです。これは、中性脂肪の値によって仕上がる高トリグリセライド血症であっても例外ではありません。血液中のコレステロール値を標準にすることが、高脂血症の治療へとつながっていきます。食事療法では、どういう成分を含んだ食品を摂取するのが有効なのでしょう。食物繊維は前述したとおりですが、これ以外にも多数の成分が治療の役に立ってくれる。取り敢えず、タウリン。栄養ドリンクでおなじみの成分であるタウリンはアミノ酸の一種で、胆汁酸の分泌を促して受け取る作用があります。これが何を...
2016/12/11 01:05:11 | 高脂血症と食事
慣習病と密接な関わりがある高脂血症は、その症状が大して出ないことからはからずも見逃されがちです。なぜなら、慣習病自体がおそらく無自覚なものですからです。自分の日常の中で特別なことを通しているわけでもないのに、それが身体を蝕む原因となっているなど、多くの人が思いもしないことなのではないでしょうか。たとえば、日頃自分が食べている食事に関して、「肥えるかも」とか「少々胃がもたれる」くらいの感想を持つことは、誰にでもあることです。ですが、そこから健康を害するという方向に思考を持って出向くことはあまりありません。食事は基本、健康を維持するための行為のため、高脂血症に関しても自覚をしないケースが全くなので...
2016/12/10 01:05:10 | 高脂血症と食事
ダイエットの大敵である脂質の多い食材は、当然ながら高脂血症の原因でもあります。では、同じくダイエットの敵であるお菓子類はどうでしょう?たとえば、チップ系のような脂分の多いお菓子は、当然ながら高脂血症の原因となります。こういったお菓子を食事代わりに達する親が増えていることから、高脂血症が増えているとも言われているくらいです。では、食事の後に摂るデザートはどうでしょうか。フルーツの場合は、問題ありません。脂質はぜんぜん含まれていないからです。ですが、スイーツ系、特にお菓子をデザートにするのは問題です。お菓子には、洋菓子と和菓子があります。これらは、いずれも糖分だけではなく脂質も含んでいます。どちら...
2016/12/09 01:05:09 | 高脂血症と食事
脂肪を多く含む食材の代名詞とも言える肉類。高脂血症を気にしてしまうと、とにかく肉類の摂取に対してネガティブになりがちです。ですが、肉類は非常に豊富な栄養を含んであり、身体を形作り、健康を保つためには必要な食材でもあります。日々の食事から肉類を全て省くことは、健康面においては大して得策とはいえません。ただし、過剰摂取が高脂血症の原因となることは確かです。そうして、肉類というものはふっと手広く摂取しがちな食材でもあります。焼肉などは一際そうですね。肉類を料理する上で高脂血症に気を使う方法は、とりあえず脂身を使わないことです。脂身が多い豚バラ肉は、極力控えるようにください。ますます、脂身が多い部分は...
2016/12/08 01:05:08 | 高脂血症と食事
脂身などが多い食事を避けることが高脂血症の予防となる一方で、摂取することで高脂血症を予防するという栄養素もあります。その一つが、食物繊維です。食物繊維は、便意を促し、体内に摂取した食品のうち、不要ものとなったものを体外へと効率よく排出することを促進します。これは、非常に大きな意味を持ちます。また、食物繊維は体内では分解できず、消化しないままで腸を通りますが、この際に腸内においてコレステロールや中性脂肪、ひいてはサッカリドなどの吸収を防ぐ働きもあります。これによって、体内に脂質がたまることを防ぐことができるのです。また、食物繊維には排出される前に胆汁酸を吸収する働きもあります。胆汁酸は食物繊維に...
2016/12/07 01:05:07 | 高脂血症と食事
どういう病気も、原因がわかれば予防策も固まって来る。100%その病気にかからないという方法はさすがにあまりありませんが、その病気になる可能性を安くさせることは可能です。当然、それは高脂血症においても例外ではありません。高脂血症にならないようにするには、正しい生活を送ることが一番です。具体的に言えば、お酒やタバコを止めて睡眠を十分に奪い取り、ストレスを溜め込まない生活をするといった具合です。酒、タバコといった嗜好品は、すぐに凍るというものではありません。少しずつ量を減らしていくことが、予防のための近道と言えます。ストレスは現代病の中けれども一際厄介なもので、仕事をしている、学校をめぐっているとい...
2016/12/05 01:05:05 | 高脂血症と食事
現在の日本では当たり前のように西洋の食事と同じようなメニューが並び、食されています。ただし、日本人の体質にそういった食事は必ずマッチしているわけではありません。長い年月をかけ、島国ならではの独自の文化で魚や野菜を食してきた日本人にとって、脂肪を数多く含んだ西洋の食事は、相性が良いとはいえないのです。その結果、高脂血症が発症してしまいます。問題なのは、高脂血症という病気には自覚症状ばかり乏しいという点です。糖尿病、高血圧など、ライフスタイル病と呼ばれる病気はたくさんありますが、それらも基本的には初期症状はからきし自覚できないことが多々あります。ただ、でも用心深く自分を観察していれば、病状によって...
2016/12/04 11:17:04 | 高脂血症と食事
食事の欧米化やファストフードの浸透によって、日本人の食生活はかなり変わってきました。とりわけ大きく変化したのは、脂肪の能力ではないでしょうか。昔、日本では魚がたくさん摂取され、野菜も食卓に欠かさず用意されました。ご飯についても同様です。但し、現代の食事においてお米は必須のものそれでは無くなり、魚は年々能力が減少し、野菜の摂取もあんまりバランスを考えないものになってきています。代わりに、脂ものがとても増えました。別に、ファストフードや弁当が、その原因となっています。ファストフードに関しては、言うまでもなく脂によるものが多いですが、弁当に関しても、調理が簡単で日保ちもし易い揚げもの類が多数を占める...