メイクの仕方

2017/05/08 01:05:08 | メイクの仕方
卒業式は入学式とでは、メイクの仕方は大きく変わってくるのではないでしょうか。卒業式でメイクをする時々、入学式から短大であれば2年、4年制大学であれば4年の歳月が流れています。学生生活を送る中でメイクの仕方を覚えたり、自分の表現の仕方を学んだりしているはずですね。大学卒業後に就職する場合は、在学中に始まる就職活動で社会人に望ましいメイクの仕方も身に付けていることでしょう。ある意味、卒業式はそれらを表現する場もあるのです。大学の卒業式のメイクは、スーツを着けるのか、それとも袴で出席するのかによっても変わってきます。洋装と和装とでは、おんなじ華やかなメイクにするのでも統べるべきポイントが違ってきます...
2017/05/06 01:05:06 | メイクの仕方
誰もが心踊り、そして浮き足立つ入学式。そんな入学式のメイクの仕方まずは、季節感を押し出すという点を考慮すると良いでしょう。入学式は4月、春真っ盛りの時期に行われます。従って、春に相応しいメイクの仕方をすることで、自然と入学式に合ったメイクになります。春を意識したメイクは、それぞれのポイントメイクに扱う色を桜色もののものにするのがポイントです。アイシャドウをピンク、またはない紫として、チークや口紅も薄めのピンクにすると良いでしょう。血色が良い人はチークはわざわざ入れず、ファンデーションも控えめにすることでナチュラルメイクものの形に成し遂げると、春らしいスッキリ爽やかメイクになるのではないでしょう...
2017/05/04 01:05:04 | メイクの仕方
学生と社会人の間には、明確な差があります。メイクはいかなる場に来るのかによって乗りかえるものだが、学生と社会人とではメイクの仕方を考えるシチュエーションが大いに違うものなのです。社会人がするメイクは、主に仕事面を意識する割合がかなり大きくなります。その第一歩といえるのが、就職面接時でのメイクではないでしょうか。就職面接を受けるときのメイクの仕方は、大人として、社会人として望ましいメイクという点を最大のテーマとして考える必要があります。それが何を意味するのかというと、バランス面がどんどん重要に達するということです。無論、ケバイメイクは面接にはふさわしくありません。それだけで、面接官のその人に対す...
2017/05/02 01:05:02 | メイクの仕方
人生の中には、いくつかの節目があります。その中のひとつである成人式は、要するに大人に繋がる区切りの場です。なのでどんなメイクの仕方をすれば良いかということは、良識ある大人としての第一歩を踏み出すために、最も大切なことなのかもしれません。今は小学生も何らかのイベントに出たりする別途メイクをする時代ですが、小中学生がしているメイクは、大人のメイクをお手本にした、まるで真似事の粋を出ることはありません。それはそれで全く問題はないのですが、ある程度年齢を重ねて大人になろうかという年頃に、真似事は駄目。人の真似をするメイクを卒業する良い機会と言えるのが、成人式でしょう。そのため、成人式のメイクは誰かの真...
2017/04/30 01:05:30 | メイクの仕方
結婚式とは全く逆の場となるお葬式ですが、そうした場もメイクは必要です。お悔やみの場なので化粧をするのは失礼…などということはありません。寧ろ、ノーメイクで行くよりも品のあるメイクで弔問に出かけるのがマナーといえるでしょう。それこそメイクをする暇も弱いくらい急いでいるケースを除けば、ちゃんとメイクを通じておく必要があります。お葬式のメイクの仕方においては、普段よりも控えめの色を選ぶということが重要です。普段ケバイメイクを好んでいる人は、カラートーンを抑えて全体を合わせるようにください。お葬式のメイクの仕方でよく失敗するケースは、普段の化粧そのままの感覚で口紅やチークの色だけを統べるという中途半端...
2017/04/28 01:05:28 | メイクの仕方
メイクというのは、いわゆる「TPO」、時間と場所と場合を考慮する必要があります。時間というのは、時期のことです。春夏秋冬の季節もそうですし、年齢もそうです。場所や場合は、そのシチュエーションや、外出する際には如何なる所へ行くのか、あるいはどういった場へ伺うのか、ということを考える必要があるということになります。その中で更にメイクの仕方の使い分けが求められるのは、冠婚葬祭のメイクです。それぞれに、その場に合ったマナーというのが存在しているだけに、メイクも日常通りに関してにはいきません。それぞれの場に合ったメイクの仕方をマスターしておかないと、その場の空気を乱す原因になるばかりか、マナーや常識を知...
2017/04/25 01:05:25 | メイクの仕方
下地クリームを塗り終えたら、次は本当にファンデーションです。このファンデーションの仕上がり次第で、顔の印象はものすごく変わります。ある意味、メイクの仕方を決定付ける部分でもあります。ふさわしい塗り方をしっかりと学んで、間違いのないメイクの仕方を憶えましょう。ファンデーションは、スポンジとして塗るのが一般的です。パウダータイプの場合は、まるでスポンジにパウダーを置き、頬全体に塗ります。その場合、内から外へと伸ばしていきましょう。頬を塗り終わったら、次は目です。この時点ではまだアイメイクはしていないので、アイメイクの下地にもなります。それではまぶたの周りを塗り、その後でまぶたにも塗りましょう。それ...
2017/04/21 01:05:21 | メイクの仕方
肌を飾り付けるファンデーションを塗りつける前には、様々な下準備が必要です。それがある意味メイクの仕方そのものとも言えます。メイクを完成させるまでには、いくつものステップがあるのです。メイクを始める最初のステップは、洗顔です。洗顔自体をメイクの一部ととらえるのは思わず変に感じるかもしれませんが、実際には洗顔は非常に重要で、ファンデーションとはまた異なる意味でメイクにおける基礎の部分となります。洗顔は、そのまま水で顔を洗うというものではなく、洗顔料を使用してメイクが乗りやすい肌の状態にするためのものでもあります。そのため、洗顔料選びが最初の関門となりますが、これは肌質によって選ぶべき商品が変わって...
2017/04/18 01:05:18 | メイクの仕方
アイメイクには、いくつかのポイントがあります。これは、使用する道具やメイクする箇所によってことなるので、ポイント特別注意すべき点を認識しておく必要があるでしょう。メイクの仕方を学ぶ上では、理想とポイントの両方を学んでおく必要があります。メイクを始める前に、では頭の中に入れておくと良いでしょう。アイラインを退くにあたり、すごく目を見せようとして全くくどいラインを退く場合は、ぼかしを含めるのがポイントです。それをしないと、マジックで線を引いたようななんとなくおかしなラインになります。太めの線を退く場合は、アイシャドウによってグラデーションを塗り付けましょう。下まぶたに退くラインは、タレ目に見せたり...
2017/04/14 01:05:14 | メイクの仕方
アイシャドウに慣れていない段階では、使いやすいものを使用するのが良いでしょう。そのため、初心者の段階ではパウダータイプを使用することをオススメします。パウダータイプのメリットは、手軽に繰り返しられる点です。失敗を恐れる必要が僅かので、初心者には最適です。パウダータイプのアイシャドウにも複数の使い方があります。指を使うか、チップを使うか、ブラシを使うかの違いですね。指を使う場合は、自分の感覚である程度濃さをコントロール出来るので、最初は指でしたほうが良いでしょう。チップは、粉が落ちづらく使いやすいので、指の次に始めると良いでしょう。ブラシはある程度テクニックが必要で、最初のうちは粉が落ち易いので...
2017/01/10 12:11:10 | メイクの仕方
メイクはかつて、魔よけのために行われていたそうです。時折、明らかに常軌を逸したような、恐ろしい印象を持たれるメイクを施した写真などを見極める機会があるかと思いますが、そんなメイクにはこんな創世記の名残がある、として良いでしょう。そんな化粧の原点は、何だか7万年前に遡ります。そうして、当時からメイクというものは顔の心象を凄まじく入れ替えるものとして認識されていたようで、魔よけや儀式のために行なうメイクだけではなく、とっくに美しくあげるための方法として認知されていたようです。遥か昔のメイクの仕方というのは、当然今のような便利な道具やコスメティックなどがあるはずもないので、自然ものを使用して行ってい...