血糖値の誤解

血糖値の誤解

病気に関してインターネットなどで知識を得ることができます。

 

但し、その中には間違いも交じっています。

 

それが広がって病気に対する誤解を招いているケースもあります。

 

また、インターネットだけではなくテレビなどでも勘違いすることが多いのです。

 

血糖値とコレステロールもよくある誤解です。

 

血糖値が大きい人はコレステロールが高いわけではありません。

 

その両者を混同している人もいるのです。

 

血糖値は血液内の糖分の量を示します。

 

コレステロールは血液内の脂分と言っていいでしょう。

 

血糖値が良い人は肥満の傾向がありますし、コレステロールが厳しい人も肥満の傾向があります。

 

但し、どうしてもそうではありません。

 

血糖値が高い人の原因を調べてみるとルーティンに問題があることがわかっています。

 

それを改善することで血糖値を下げることができます。

 

またコレステロールがおっきい人もルーティンに問題があります。

 

手ぬるいものをたくさん食べていると血糖値が上がりますし、油っこいものをたくさん食べているとコレステロールが高くなるのです。

 

なまやさしいものをたくさん食べる人はてんぷらなどもたくさん食べてしまうのです。

 

そうして両方の値が高くなるのです。

 

この対策も同じものになります。

 

食事の内容を付け足し、量を燃やすのです。

 

また、適度な運動を通して、体内の余分な脂肪分や糖分を消費するようにしなければなりません。

 

両方の値が高くても一度に改善をすることができるのです。

 

仮に、あなたが両方の値とも高いとしても、心配することはありません。

 

食べたいものを些か我慢して、腹8分目にすることで改善するでしょう。

 

血糖値の検査

 

血糖値は人間ドックなどで検査してもらうのが普通でしょう。

 

特別に血糖値がおっきいと言われたのであれば、そのための検査をすることもあるかもしれません。

 

血糖値は血液中の糖分の量ですから、食事をしてからどれくらいの時間が経ったのかによって、大きく変わって来る。

 

今や糖尿病になってしまっている人は、ある程度血糖値に気を配っておかなければなりません。

 

但し、毎日病院をめぐって血糖値を計ってもらうことは一大ことです。

 

なので自宅で血糖値を検査できればいいのです。

 

血糖値を検査する薬が市販されています。

 

これを使えば、こまめに血糖値を解ることができて、血糖値コントロールがやりやすいでしょう。

 

このような検査薬は各種製造会社が販売しています。

 

糖尿病は日本人の国民病とまで言われるように、多くの人がかかっている病気です。

 

検査薬の需要は大きいということでしょう。

 

血糖値は年齢とともに高くなる傾向にあります。

 

そのため、糖尿病は高齢者に多くなるのです。

 

元気に体を動かしている人は血糖値が高くなりがたいということでしょう。

 

血糖値検査薬は微量の血液を採取して、それを試薬につけることで測定が出来るようになっています。

 

通常は遠隔地検診などでよく使用されているものです。

 

無論自宅で検査狙う人にも便利なものですね。

 

糖尿病は血糖値をコントロールすることで、対応していかなければなりません。

 

毎日の生活の中に血糖値が意識されているのです。

 

食べたいものを力一杯食べるということは無理ね。

 

血糖値とは

 

血糖値が良いということのある人は多いのではないでしょうか。

 

まずは血糖値が高いとどうなるのでしょうか。

 

血糖値が厳しいということは血液中の糖分が多いということです。

 

これは糖分を血液中から細胞に移動させるインスリンが十分働いていないということが想定されます。

 

それはインスリンの生産がスムーズではないケースや、インスリンの働きが衰えている状態(インスリン耐性)が考えられます。

 

このような状態になると血液中の糖分とインスリンが高くなるのです。

 

高血糖になるとどういう弊害が出るのでしょうか。

 

では血圧が上がります。

 

血液中のインスリンが腎臓の働きに影響を与えます。

 

血管に水が貯まることによって血圧が挙がるのです。

 

また、交感神経を緊張させますから、それによっても血圧が上昇します。

 

糖分と、インスリンは食欲にも関係しています。

 

血糖値が高くなると、空腹、満腹という状態を体が上手く把握できなくなるのです。

 

そのため、食べても食べても空腹感を感じることになるのです。

 

間食をしたり、おやつを食べたりすることによって、体重は増えてしまう。

 

肥えると一段と血糖値が上がりますから、悪循環になってしまう。

 

また、血液中の糖分がコレステロール値にも影響を与えます。

 

善玉コレステロールが少なくなるのです。

 

また、中性脂肪の増加も見られるようになります。

 

このように血糖値がおっきいということは、各種ところに影響を与えます。

 

それはすべて悪賢い方向に動くのです。

 

動脈硬化などの原因にもなってくるのです。

 

心当たりがある人は注意しなければなりませんね。

 

血糖値を下げる

 

人間ドックなどで血糖値は多くの人が指摘を受けたりしていますから、それがどんな数値なのかはある程度わかっているのではないでしょうか。

 

血糖値は血液中の糖分の量を表したものです。

 

それが多いということは糖分の取り過ぎとしていいでしょう。

 

糖分を控えめにするか、運動などで消費する量を繰り返すことが速いでしょう。

 

但し、糖分を摂取しないということは低血糖となりますので、それもよくありません。

 

日常生活をするためのエネルギー源として糖分は必要なものなのです。

 

血糖値を下げる方法としては、運動が一番です。

 

日常生活で血糖値が大きいということは、糖分の用量と消費量のバランスが取れていないからです。

 

日常生活を変えずに運動量を増やせば、血糖値は下がっていくはずです。

 

無論、高血糖の症状がそれ以外の原因ということもありえます。

 

ただし、運動は高血糖の人だけではなく、コレステロールが厳しい人にも効果的です。

 

つまり、すべての人にとって望ましい状況を作り上げることは間違いないのです。

 

血糖値を下げることは大事ですが、血糖値は一日の中でものすごく変動します。

 

それは食事をした時折一時的に増加するからです。

 

そうして、空腹時には最低値となります。

 

ですから、血糖値を観る時はおんなじときの時で比較しなければならないのです。

 

自宅で血糖値を計ることが出来る器材も販売されています。

 

血糖値が気になる人や、糖尿病になってしまっている人は購入してみてもいいでしょう。

 

ただし、毎日の値を気にする必要はありません。

 

長期間の変化を見ていけばいいのです。

関連ページ

血糖値と健康
血糖値の誤解、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値測定器
血糖値の誤解、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値のチェック
血糖値の誤解、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値と尿糖
血糖値の誤解、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
糖尿病の予防
血糖値の誤解、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値の意味
血糖値の誤解、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値の正常値
血糖値の誤解、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。