糖尿病の予防

糖尿病の予防

糖尿病の予防を考えるためには自分が糖尿病予備軍であるかどうかをわかることが大事です。

 

感覚的に呼べることは太っていると糖尿病になりやすいということです。

 

そうして、体重が酷い人ほど糖尿病にかかりやすいということです。

 

それは血糖値がおっきいということを示しています。

 

体重が増える=血糖値が厳しいということです。

 

健康診断などではBMIという指標を通じています。

 

BMIが18.5から25までの人が普通としています。

 

それより大きな数字であれば肥満ということになります。

 

あなたの値はいくらだったでしょうか。

 

肥満と判定されたならば、保健指導が行われます。

 

では自分で食事の内容を見直すことです。

 

食事を改善することができれば、肥満から解放されるでしょう。

 

また、血糖値も下がってしまう。

 

血糖値を直接作ることは病院に行かなければなりません。

 

その代わりとして肥満度を見ればいいのです。

 

体重と身長がわかればBMIは計算できるのです。

 

糖尿病を予防するための方策としてはどうしても難しいことではありません。

 

食事と運動です。

 

食事は糖尿病を予防するための食材を選ぶことです。

 

どんなものがあるかはインターネットなどで調べてみましょう。

 

糖尿病に関する情報はたくさんあると言っていいでしょう。

 

そんなに多くの人が糖尿病になっているということなのです。

 

やはり、血糖値が正常であっても、血糖値を上昇させる食事などを知っておくことが大事です。

 

自分の血糖値がいつ上昇するかわからないからです。

 

自分で心当たりがあるのであれば、要注意ですね。

 

血糖値とアルコール

 

お酒は百薬の長と呼ばれてきました。

 

血糖値とお酒はどんな関係にあるでしょうか。

 

些か紹介ください。

 

イメージとしては適度のアルコールならば健康に良い影響を与えるのではないでしょうか。

 

現に少量のアルコールならば動脈硬化の原因となる血栓を蕩かす作用があると言われています。

 

それならばアルコールは健康にいいのかと早とちりする人もいるでしょう。

 

ただし、この少量とは本当は30mlなのです。

 

お酒に換算すると、ビールで大瓶1本、ワインはグラス1杯、日本酒1合、ウイスキーはシングル水割り2杯です。

 

自分が飲んでいるお酒の量がどれくらいかは極めるですから、これを目安として下さい。

 

呑み過ぎているという人はまだまだ控えた方がいいでしょう。

 

いくら健康に良いと言っても、呑み過ぎはよくないのです。

 

但し、血糖値が厳しいと言われても、ちょこっとならアルコールを飲んでいいと知って、ほっとしている人もいるかもしれませんね。

 

憂さ晴らしの効果も期待できるのではないでしょうか。

 

呑み過ぎると逆にストレスが溜まってしまう。

 

アルコールの取り過ぎは、血液の流れを酷くします。

 

どろどろの血液になってしまう。

 

直接血糖値を上昇させるわけではありませんが、アルコールの利尿作用によって血管内の水分が不足することになるのです。

 

とにかく酔ったまま寝てしまって、朝まで水分を取らないということは非常に情けないのです。

 

食前酒を飲むと食欲増進になります。

 

食欲がない時ならばいいのですが、いまいち食欲を増進させてしまうと、食べ過ぎということになります。

 

血糖値の薬

 

病院で血糖値がおっきいというならば、血糖値を下げる薬を貰うかもしれませんね。

 

それは経口血糖降下薬と言われるものです。

 

日本で処方なるのはインスリン分泌促進薬、速効型インスリン分泌促進薬、ブドウ糖吸収阻害薬、インスリン耐性改善薬です。

 

その内容はより細かく分類されますが、基本的機能としては血糖値を下げるものです。

 

食事などを改善することによって、血糖値を下げるという表現をすることがありますが、厳密には違います。

 

食事で血糖値が下がることはないのです。

 

正確には血糖値の上昇を統べるということです。

 

もう上昇してしまっている血糖値を下げるには取り敢えず薬しかないのです。

 

それぞれの薬には特徴があります。

 

インスリン分泌促進薬はその名の通りインスリンを繰り返すものです。

 

インスリンが積極的に行ない出すと血糖値を下げることが出来るのです。

 

そしたらブドウ糖吸収阻害薬もその名の通りです。

 

血糖値が上がるのは消費する量よりも、吸収する量の方が多いからですが、ブドウ糖を体内に吸収しなければ、自然と血糖値は下がっていくのです。

 

そしたらインスリン耐性改善薬はインスリンの働きを上げるものです。

 

どんな薬も効果は期待できます。

 

但し、副作用がありますから患者の状態に応じて薬が選択されるのです。

 

また、血糖値のコントロールを薬だけで決めると考えると無理が生じます。

 

食事の内容を改善したり、運動をしたりすることが大事になってくる。

 

あなたならどのように対応しますか。

 

食事を改善することで、薬を飲まなくて済むのであればそれに越したことはありません。

 

血糖値と生活

 

日常生活の中でどのような食事を摂っていますか。

 

その内容が健康に著しく影響することは誰でもわかっているはずです。

 

血糖値が高くなる原因は食事にあります。

 

また、運動にも関係しています。

 

それらのことを知らない人はいないのですが、血糖値が上がって糖尿病になって仕舞う人も多いのです。

 

そのことは何を意味するのでしょうか。

 

自分は健康でいたいと誰でも思っています。

 

でも食生活を改めることができないのです。

 

ライフサイクル病とはよく言ったものです。

 

習慣となっているのですから、それが当たり前の生活なのです。

 

ただし、血糖値が高くなるという警告を体が発しているのです。

 

そのことを無視してはいけません。

 

食生活を変えずにサプリメントなどに頼ろうとする人もいるでしょう。

 

何もしないよりはましですが、まずは改善することはできません。

 

健康とこれからの人生を考えてみましょう。

 

そうすれば、何となく答えは起きるのではないでしょうか。

 

煙草を諦めるとか、お酒を遠ざけるということも大事な決断です。

 

適度な運動は自分の体だけではなく、心もリフレッシュして貰える。

 

あなたの知人はどうですか。

 

運動不足であることを仕事のせいとしているのではないでしょうか。

 

でも病気になって弱るのは我々です。

 

会社が糖尿病の面倒を見てくれるわけではありません。

 

血糖値がのぼり始めた初期のころであれば、引き下げることはいまひとつ難しくありません。

 

但し、糖尿病になってしまうと完治することはないと理解しておきましょう。

 

あなたの人生はあなたの行動にかかっているのです。

関連ページ

血糖値と健康
糖尿病の予防、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値測定器
糖尿病の予防、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値のチェック
糖尿病の予防、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値と尿糖
糖尿病の予防、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値の意味
糖尿病の予防、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値の誤解
糖尿病の予防、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値の正常値
糖尿病の予防、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。