コレステロールと運動

コレステロールと運動

コレステロールと同じようなものに中性脂肪があります。

 

中性脂肪は運動などをすることによって消費されます。

 

ただし、日ごろから運動不足の人は中性脂肪を燃やすことがありません。

 

そのために運動不足によって肥えるということになるのです。

 

コレステロールは運動をすることによって、分解されます。

 

それがエネルギーの基なのです。

 

コレステロールがおっきいということと肥満は直接的には関係ありません。

 

但し、コレステロールが高い人の食生活は肥満になる人の食生活と同じようなものです。

 

コレステロールが大きいと検査などで指摘されている人は、肥満の可能性が高いということなのです。

 

運動をすることによって、中性脂肪やコレステロールが消費されます。

 

コレステロール自体は細胞膜を仕掛けるための材料になりますから、適度な量を確保しておく必要があります。

 

但し、いかほど運動を通しても細胞膜を始める材料が不足するということはありえません。

 

中性脂肪が減少するということは、LDLコレステロールが減少してHDLコレステロールが増加するということを意味します。

 

つまり、悪玉が減って善玉が上がるのですね。

 

世の中には運動が嫌いという人もたくさんいます。

 

そういった人はコレステロールを低くするための工夫をしなければなりません。

 

それは食事の内容であったり、毎日の暮しであったりします。

 

ストレスをためることもコレステロールが高くなる一因と言われています。

 

毎日の生活の中で、考えなければならないことはたくさんあるのです。

 

無論、運動が一番なのです。

 

高コレステロール血症

 

コレステロールが高くなっている人は高コレステロール血症と診断なることがあります。

 

この高コレステロール血症について紹介ください。

 

一般的にコレステロールや中性脂肪が血液中に目立ちすぎた人を高脂血症と呼びます。

 

それはコレステロールが厳しい人や中性脂肪が大きい人も含まれています。

 

その中でコレステロールが高い人を高コレステロール血症と呼んでいるのです。

 

因みに、中性脂肪が高い人を高トリグリセライド血症と呼びます。

 

コレステロールと中性脂肪は同じイメージがありますが、正確には異なっています。

 

食事の時に注意しなければならない事柄も異なっているのです。

 

高コレステロール血症の原因としては、遺伝があります。

 

家中がLDLコレステロールがおっきい場合もあるのです。

 

この遺伝的要素よりも、食生活が原因となるものの方が多いと言われています。

 

脂分を多く盛り込む食事を続けていたり、コレステロールの多い食べものを好んでいたりすると高コレステロール血症は悪化するのです。

 

高コレステロール血症を治すためには食生活を改善することが一番です。

 

そうしたら、適度な運動などの日常生活の改善を考えていくのです。

 

まれに、別の病気や薬の副作用によって高コレステロール血症になることもあります。

 

そのような場合は、医師と相談して適切な処置をしてもらう必要があります。

 

高コレステロール血症の改善は基本的に本人の意思が重要となります。

 

自分で食事の制限をしたり、運動をしたりしなければ改善しないからです。

 

最近では保健指導などが浴びるようになっています。

 

コレステロールと食事

 

コレステロールが高いというならば、では食事を改善することから始めます。

 

まじめに取り組めば数か月から1年以内で、コレステロール値が改善すると言われています。

 

但し、誰でも食べたいものを食べられないという苦痛に我慢できなくなってしまうのです。

 

コレステロールを押し下げるための食事について考えてみましょう。

 

とにかく、コレステロールの基となるものは飽和脂肪酸と呼ばれる成分です。

 

この飽和脂肪酸は肉類に手広く含まれています。

 

ですから、肉を控えて魚を主体にすることが簡単な食事の改善となります。

 

また、LDLを燃やす作用を持つものとして、不飽和脂肪酸は魚だけではなく植もの油などに手広く含まれています。

 

なんにも肉を食べてはいけないということではなく、肉よりも魚を数多くとるように心がけることが可能でしょう。

 

心から肉をとっても食べなかった場合は、LDLコレステロールが不足するということにもなりかねません。

 

要するにバランスの取れた食事ということです。

 

材料も考えなければなりませんが、調理方法にも工夫がほしいものです。

 

料理によっては油を使うものがあります。

 

その時できるだけ少ない油ですむような調理方法を考えることが大事です。

 

炒めものだとすれば、油がなじんだ中華なべなどをつぎ込み、強火で短時間で炒めると油が少なくて済むのです。

 

また、油を使わないで調理できるフッ素加工のフライパンを使うこともいいですね。

 

材料の脂肪を落とすと、ますます健康な食事となります。

 

その他に材料にも注意します。

 

野菜を数多くして、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なものを選びましょう。

関連ページ

コレステロールを引き下げる
コレステロールと運動、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
悪玉コレステロールの原因
コレステロールと運動、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと血糖値
コレステロールと運動、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
正常な血糖値
コレステロールと運動、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールの影響
コレステロールと運動、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値を下げる
コレステロールと運動、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
我らとコレステロール
コレステロールと運動、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。