我らとコレステロール

我らとコレステロール

現代人はストレスが溜まりやすい環境にあります。

 

毎日の仕事に追われている人が多いからです。

 

適切なストレス解消をしなければ、精神的に参ってしまうのではないでしょうか。

 

また、西洋文化が入ってきたことによって、魚介類中心の食生活から肉類中心の食生活に変化しています。

 

このことがコレステロールを高めて仕舞う原因となっています。

 

肉は確かに旨いですよね。

 

それを至って食べないということは可能ではありません。

 

コレステロールが酷い人は、毎日の食生活でポイントを押さえているのです。

 

肉を食べても食べ過ぎないということが一番です。

 

満腹になるまで召し上がることは、コレステロールのことだけではなく、各種点で問題があると考えるべきでしょう。

 

私たちは毎年人間ドックにあたっています。

 

そうして毎年のように指摘をされている人もいるのです。

 

コレステロールが厳しいと動脈硬化や狭心症、脳梗塞になる危険性が高いと言われています。

 

そのことがわかっていながら、健康に耳を傾けない人がいるのも現実です。

 

ここ数年は保健指導が得るようになってきました。

 

肥満体質の改善です。

 

これが直接コレステロールに結び付くわけではありませんが、食生活を見直すきっかけとなってほしいものです。

 

食事を制限することによって、健康を取り戻すことが出来るのです。

 

言い換えれば、食事が非常に重要なものであるということです。

 

体の栄養は食事ですべてが賄われています。

 

そのことを真剣に考えるべきでしょう。

 

慌ただしいからと言って適当な食事で終わらすことは一番小さいことです。

 

コレステロールの種類

 

コレステロールと一口に言っても、いくつかの種類に分けられます。

 

それはLDLコレステロールとHDLコレステロールです。

 

正確には2種類だけではありませんが、人の健康を考える時折この2種類のことを考えておけばいいようです。

 

コレステロールが血液中に溜まってしまうと、動脈硬化などの重たい病気になって仕舞う可能性が高まります。

 

そのため、できるだけコレステロールが血液中にないほうがいいのです。

 

勿論、コレステロールが血液中にとどまっているわけではなく、絶えず血液とともに移動しています。

 

その移動する方向で種類が分けられているのです。

 

つまり、LDLコレステロールは肝臓から全身へ向かいます。

 

それに対してHDLコレステロールは逆方向の全身から肝臓へ返るものです。

 

肝臓内に貯まるコレステロールは問題としてません。

 

よって、問題なのはLDLコレステロールなのです。

 

LDLコレステロールが良いということは、血液中コレステロールが多いということであり、血管が滞り易くなっているということになるのです。

 

血管が詰まることによっておきる病気は皆さんもよくご存知ですね。

 

脳梗塞や、動脈硬化、狭心症など生命の危機に絡んだものばかりです。

 

日ごろからコレステロール値を気にしておかなければならない理由はそこにあるのです。

 

一方、HDLコレステロールは体から肝臓へ戻るものだから、これが高いほうが血管は滞りがたいことになります。

 

コレステロールには各種種類があること、そしてその数値によって体の体調が評価されるということを理解しておいて下さい。

 

コレステロールとは

 

コレステロールと聞くと、誰でも動脈硬化や狭心症のことを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

コレステロールが良いと薄くする努力をしなければなりません。

 

そこで考えたいのはコレステロールの役割です。

 

コレステロール値が低いほうがいいのであれば、全くないという状態は可能なのでしょうか。

 

体の中の成分は無駄なものはありません。

 

コレステロールにも無論、重要な役割があります。

 

コレステロールは人体を形作っている細胞の膜を創る材料なのです。

 

コレステロールがなかったら人自体が存在できないということです。

 

細胞膜は細胞を囲んでいるのですから、その細胞膜がなくなってしまうことになるのです。

 

そしたら、コレステロールはホルモンを考えるときの材料でもあります。

 

男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの材料となるのです。

 

また、肝臓の中で酵素によって胆汁酸となります。

 

このようにコレステロールは体全体の各種成分の材料として使用されているのです。

 

コレステロールが全くないと人は生きていけないのです。

 

何事にも適度ということがあります。

 

コレステロールも適度な量であれば全く問題はありません。

 

それが度を越して多すぎるために、問題になるのです。

 

健康診断では総コレステロールの値とHDLコレステロールの値が測定されます。

 

それからLDLコレステロールは計算されるのです。

 

コレステロールが大きいと言われている人は、薄くするための努力をしなければなりません。

 

そうでなければ生命の危険にさらされていることになるのです。

 

悪玉コレステロール

 

悪玉コレステロールの話をください。

 

コレステロールは体の中の細胞膜を定めるための材料です。

 

そのために、コレステロールは体全体に伝わるための仕組みを携帯しています。

 

このコレステロールを体中に運ぶものがリボたんぱくと呼ばれるものです。

 

低比重リボタンパクのことをLDLといいます。

 

LDLコレステロールとはLDLと結合したコレステロールのことです。

 

血液の中に存在するコレステロールはLDLによって体中に運ばれます。

 

LDLは重要な役割を通じているのです。

 

細胞の表面にLDLの受容体があります。

 

細胞についたLDLは酵素によって分解されます。

 

そうして結果として生まれたコレステロールが細胞膜の材料となるのです。

 

当然、運ばれたコレステロールがすべて材料となるわけではありません。

 

そこで余ったコレステロールを回収する仕組みが必要となるのです。

 

それがHDLコレステロールです。

 

LDLコレステロールの逆で、体中から肝臓へコレステロールを運ぶのです。

 

コレステロールは細胞膜を決める重要な材料ですが、それも適量というものがあります。

 

適量を越したコレステロールは血管内で動脈硬化などの症状を引き起こすもととなるのです。

 

LDLコレステロールが悪玉コレステロールと呼ばれる理由です。

 

このネーミングは本当は正確ではありませんね。

 

LDLコレステロール自身が悪玉であるわけではなく、量が多すぎることが問題だからです。

 

コレステロールの量が多くなった原因は、ほとんどが食生活を始めとする日常生活にあります。

 

規則正しく、バランスの取れた食事をしていればコレステロールが高くなることはないのです。

関連ページ

コレステロールを引き下げる
我らとコレステロール、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
悪玉コレステロールの原因
我らとコレステロール、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと血糖値
我らとコレステロール、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
正常な血糖値
我らとコレステロール、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールの影響
我らとコレステロール、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値を下げる
我らとコレステロール、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと運動
我らとコレステロール、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。