血糖値を下げる

血糖値を下げる

健康診断で常に問題になる検査項目はコレステロールと血糖値ではないでしょうか。

 

それぞれ、数値が高くなると病気の基に達することがわかっているからです。

 

コレステロールは血液中の脂質の量を表します。

 

また、血糖値は血液中の糖分を表しているものです。

 

それぞれに直接の関係はありませんが、食生活のパターンによって共々高くなって仕舞うことが多いのです。

 

また、それを改善するための方法にもかち合う部分が多くなっています。

 

両方がおっきいと指摘を受けたのであれば、特に血糖値を下げて見る努力をしてみませんか。

 

血糖値を下げるにはとにかく運動です。

 

そうして、食事で糖分の制限を行わなければなりません。

 

糖尿病になってしまうと、一生病気と付き合わなければならなくなります。

 

ですから、小気味よいうちに改善しておくことが肝心なのです。

 

勿論、薬によって血糖値を下げることができますが、基本は食生活や生活パターンを入れかえることで改善すべきでしょう。

 

そうすれば健康で長生き出来る体を探ることが可能となるのです。

 

血糖値を下げる食事とは、カロリーを必要分以上摂らないということです。

 

その内容はバランスの取れたものでなければなりません。

 

バランスがよくシェイプアップをした食事をします。

 

そうして、適度な運動を行うのです。

 

これを続けていくことで血糖値は下がってきます。

 

共にコレステロールも下がってくると考えていいでしょう。

 

ただし、カロリーが少ないからと言って脂分の多い食事ばかりをしていると、コレステロールは上がってしまいますから注意が必要ですね。

 

コレステロールを分かる

 

人間ドックの検査項目の意味を知っていますか。

 

各種項目がありますが、その中けれどもポピュラーなものがコレステロールです。

 

コレステロールには2種類があります。

 

LDLコレステロールとHDLコレステロールです。

 

総コレステロールからHDLコレステロールと中性脂肪を引いたものがLDLコレステロールです。

 

検査のしやすさから、LDLコレステロールは計算で貪ることが多いようです。

 

このコレステロールが高くなるといかなることになるのでしょうか。

 

LDLコレステロールが高くなると、血液中の脂質が増加していることになり、血管が滞り易くなったことを意味します。

 

血管がふさがることによっておこる病気としては、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症などです。

 

いずれの病気も生命にかかわる大きな病気です。

 

コレステロールが高いということを甘く考えてはいけないということです。

 

HDLコレステロールは善玉コレステロールとも呼ばれています。

 

この数値が高くても問題はありません。

 

逆に良いほうがいいのです。

 

HDLコレステロールは血液から肝臓へ戻って行くコレステロールです。

 

これが高ければ血液の流れをスムーズであるとしていいのです。

 

私たちの周りには各種誘惑があります。

 

何となく食事を食べ過ぎたり、食べたいものだけを食べたりするというケースが多いのです。

 

コレステロールを改善するためには食生活の改善が欠かせません。

 

もちろん、それだけではなく運動をすることや、ストレスを溜めないことなども重要なものになります。

 

いずれにしても、コレステロールがおっきいのであれば捨て置くのではなく、なんらかの対応が必要なのです。

 

コレステロールの誤解

 

健康に関することでよく誤解している人がいます。

 

コレステロールと肥満の関係です。

 

コレステロールが高い人は肥満になっていると言うのです。

 

実にそのような状況は多いのですが、コレステロール値と肥満は直接の関係はありません。

 

コレステロール値が高くても痩せている人がいるからです。

 

ではどうして勘違いしているのでしょうか。

 

コレステロール値が高い人は油っこいものを好んでいることがあります。

 

そんな嗜好を持つ人は、ほとんどの場合なまやさしいものもたくさん食べています。

 

そのために肥満になるのです。

 

ですから、コレステロールを引き下げる方法は肥満を改善する方法と同じようなものになります。

 

食事を改善することや、運動をすること、ストレスを溜めないようにすることなどがその方法なのです。

 

では太っていないのにコレステロールが高くなる人はどういう人でしょうか。

 

それでは煙草です。

 

煙草は善玉コレステロールを減少させます。

 

そのために相対的に悪玉コレステロールが増えて仕舞うことになるのです。

 

そうしたら、ストレスです。

 

ストレスは肥えるよりもやせる方向に動くことが多いでしょう。

 

また、遺伝的ものでコレステロール値が良い人もいます。

 

いずれにしてもコレステロール値が高いということは改善決める何かがあるということです。

 

その原因を正確に把握しておくことが大事です。

 

何事もやりすぎることはよくないのです。

 

食べ過ぎ、呑み過ぎなどです。

 

人間ドックでコレステロール値を指摘されたのであれば、一念発起して体質改善に頑張りましょう。

 

コレステロールが高い

 

悪玉コレステロールと呼ばれているのは正式にはLDLコレステロールのことです。

 

健康診断などで毎年この数値を見ているのではないでしょうか。

 

この数値が良いとどうなるのでしょうか。

 

LDLコレステロールがおっきいということは、血管が滞り易くなっているということを意味しています。

 

そうして、それは体全体に及んでいます。

 

よって、体の中のどっかの血管が詰まる様子をはらんでいるのです。

 

但し、毛細血管などが詰まっても、大きな影響はありません。

 

その他の血管において血液は流れるからです。

 

但し、大きな血管がつまるとあっという間に生命の危機になることが多いのです。

 

また、脳内では血液が数分止まっただけで細胞が死滅してしまいます。

 

血管障害で起き易い病気としては、心筋梗塞、狭心症、そうしたら脳梗塞、動脈瘤などがあります。

 

どの病気も症状が出てしまうと、困難ことになる病気です。

 

生命の危機は取り留めたとしても、後遺症が留まるケースも多いのです。

 

では、具体的なコレステロールの値はいくらぐらいでしょうか。

 

コレステロール値が良いという症状は高コレステロール血症と呼ばれており、その数値はLDLコレステロールが140mg/dl以上です。

 

また、総コレステロール値が220mg/dl以上の場合も高コレステロール血症となります。

 

昔は総コレステロール値だけを検査していたのですが、現在の健康診断ではLDLコレステロールを繰り出すことが多いようです。

 

コレステロールは血液の流れを阻害するものです。

 

当然、全くないことはありませんが、できるだけ少ないほうが健康のためにはいいと考えてください。

関連ページ

コレステロールを引き下げる
血糖値を下げる、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
悪玉コレステロールの原因
血糖値を下げる、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと血糖値
血糖値を下げる、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
正常な血糖値
血糖値を下げる、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールの影響
血糖値を下げる、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
我らとコレステロール
血糖値を下げる、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと運動
血糖値を下げる、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。