コレステロールの影響

コレステロールの影響

食事とコレステロールを考えてみましょう。

 

コレステロールが厳しい人はもちろんですが、その予備軍と考えられる人はコレステロールを押し下げるための食事を心がけなければなりません。

 

脂分が悪いということはわかっていますが、まるっきり肉を食べないとか油を使わないということはプラクティカルではありません。

 

パンに塗るマーガリンとバターの話を聞いたことがあるでしょうか。

 

どちらが健康に良いかということです。

 

とも脂分を含んでいますから、多量に摂取することは好ましくありません。

 

ただし、パンを召し上がる時折何かをつけて食べたいものです。

 

ラットによる動もの実験でマーガリンとバターの影響度の違いを探ることができます。

 

その結果は、マーガリンが特別にコレステロールの抑制機能があるわけではないということです。

 

また、バターは肝臓へのトリグリセリド、つまり中性脂肪の蓄積を押さえることができるという結果も得られています。

 

マーガリンにはそんな機能はなかったのです。

 

バターの方が脂分は多いのですが、日常生活においてはどちらを食べても同じであるということでしょう。

 

無論、味は違いますから好みによって判断すればいいのです。

 

このようにコレステロールに影響を与えていると考えられる食物があります。

 

但し、特別な機能や影響があるものはそれほど少ないのです。

 

ようするに、食べ過ぎ、呑み過ぎが悪いということなのです。

 

バランスの取れた食事が一番です。

 

また、煙草は如何なる量であっても、悪賢いことには間違いありませんね。

 

あなたはまだ煙草を吸っていますか。

 

低コレステロール血症

 

健康診断などで検査項目となっているコレステロールが大きいと問題が多くなります。

 

健康の面で非常に良くないと言えるでしょう。

 

まずはコレステロールが低いとどうなるのでしょうか。

 

血管の中が滞りづらくなるのですから、単純に考えると悪いことはありません。

 

コレステロール値がペースよりも小さい場合を低コレステロール血症と呼んでいます。

 

ただし、これは病気ではありません。

 

コレステロールは細胞膜の材料となります。

 

コレステロールが酷いからと言って、細胞膜を設ける材料が不足しているわけではありません。

 

ほんとに不足しているのであれば一大ことになってしまいますよね。

 

コレステロールが悪い場合には特別な問題は発生しません。

 

つまり、健康そのものということです。

 

最近の医学の研究では、低コレステロール血症の人は血管の膜が薄くなってしまうという研究結果もあります。

 

実際のところは、それで病気になったというケースはないようです。

 

その他にも知られていないだけで弊害はあるのかもしれません。

 

但し、乏しいための弊害よりも、厳しいための弊害の方がはるかに大きなものです。

 

動脈硬化や心筋梗塞などは生命の危機になってしまうからです。

 

日本人は肉を取るようになってから、コレステロールが登るようになったと言われています。

 

言い換えますと、昔の人は低コレステロール血症であったのかもしれません。

 

人間も低コレステロール血症の人はいます。

 

勿論、必ずしも多くはありません。

 

これらは食生活の違いが著しいのではないかと考えられています。

 

食事を改善することによって、コレステロール値を下げることができるからです。

 

コレステロールと肥満

 

如何なる人がコレステロールが高くなるのでしょうか。

 

油っこいものを食べているとコレステロールが高くなります。

 

そういった食生活の人は一気に肥満にもなっていきます。

 

つまり、食生活によってコレステロールがのぼり、肥満になるのです。

 

ではコレステロールが良い人は全員肥満になるのでしょうか。

 

本当はそうではありません。

 

肥満とコレステロールは直接の関係はないのです。

 

つまり、痩せているでもコレステロールが厳しい人がいるのです。

 

肥満の人であれば食生活に原因があるとして間違いないでしょう。

 

ですから、食事を見直して改善すれば、コレステロールは下がっていくのです。

 

ところが痩せている人の場合は食事につきはありません。

 

多分はストレスや遺伝によるものです。

 

ストレスをためると体の各種ところに問題が生じます。

 

コレステロールが高くなるのもその一つと言えるでしょう。

 

また、運動不足の場合にもコレステロールが高くなります。

 

運動をするとすぐに元に帰ることもあります。

 

考えておかなければならないのは、痩せているからコレステロールは低いと思い込んでいる場合です。

 

コレステロールが大きいということは病気になる可能性が厳しいということだから、検査の結果などを用心深く見ておくことが大事ですね。

 

また、同じ食事をしていても、肥える人と太らない人がいます。

 

それと同じようにコレステロールも高くなる人と、貫く人がいるのです。

 

つまり、体の仕組みは個人差が大きいとも当てはまるのです。

 

あなたは太ってますか、痩せてますか。

 

コレステロールと生活

 

毎日をどのように過ごしていますか。

 

どういう食事を好んで食べていますか。

 

本当はそれは大きな問題なのです。

 

コレステロール値が高くなると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などに達する可能性が高くなります。

 

どういう食事をしているかによって、コレステロールが高くなるか何とかが分かるのです。

 

油っこいものを好んで食べている人はコレステロールが高くなり易いでしょう。

 

また、肉などをたくさん取る人もそうです。

 

勿論、年齢による差はあります。

 

若い人と中年になってからの肉の量を同じにしていてはいけません。

 

中年になるによって、肉の量を減らしていかなければならないのです。

 

食生活だけではありません。

 

日ごろから運動を通しておくことが好ましいと言えます。

 

高コレステロール血症と診断されたならば、なんらかの回答を考えなければなりません。

 

食事の改善や運動というものは、自分で願わくはしなければなりません。

 

コレステロールを押し下げるための食事や生活というものはインターネットなどで調べれば、たくさんの情報を得ることができます。

 

コレステロールが良い人が多いということを示しているのです。

 

また、コレステロールにはLDLとHDLの2種類があります。

 

悪玉と善玉です。

 

悪玉を減らして、善玉を繰り返すことが理想的です。

 

食事に気を配ることができればコレステロールが高くても心配することはありません。

 

食事は毎日のことだから、影響が著しいのです。

 

言い換えれば、そこを改善することによってごっそりコレステロール値を下げることができるかもしれないのです。

 

善玉コレステロールを繰り返す

 

コレステロールには2種類あることは皆さんご存知ですね。

 

善玉と悪玉です。

 

当然、善と悪という単純なものではないのですが、直感的にわかりやすいためコレステロールの説明ではよく通じるのです。

 

善玉は高いほうがいいですし、悪玉は低いほうがいいのです。

 

善玉を上げることができれば、必然的に悪玉は下がっていきます。

 

なので、善玉コレステロールを繰り返すための方法を紹介ください。

 

キーワードは禁煙、運動、ブドウです。

 

喫煙は善玉コレステロールを直接切り捨てしまいます。

 

ですから、コレステロールが心配という人は、まず禁煙からやるべきでしょう。

 

禁煙をせずに健康になろうと考えるのが間違っているのではないでしょうか。

 

また、善玉コレステロールは女性よりも男性のほうが酷い数値になっていることがわかっています。

 

男性は注意しなければならないということですね。

 

次は運動です。

 

毎日運動をすることが理想的ですが、それは容易なことではありません。

 

プールなどに伺うのではなく、毎日10000歩歩くと善玉コレステロールの値は10%程度上昇すると言われています。

 

最後にブドウです。

 

これはブドウに含まれるポリフェノールが善玉コレステロールを増やしてくれる。

 

コレステロールを引き下げるために煙草も酒も止めたという人は、赤ワインを飲んでみましょう。

 

適度な量であれば、赤ワインがコレステロールに望ましい影響を与えてくれる。

 

勿論、アルコールである必要はありません。

 

ブドウジュースもおんなじ効果があることが確認されています。

 

少しずつも始めてみませんか。

関連ページ

コレステロールを引き下げる
コレステロールの影響、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
悪玉コレステロールの原因
コレステロールの影響、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと血糖値
コレステロールの影響、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
正常な血糖値
コレステロールの影響、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値を下げる
コレステロールの影響、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
我らとコレステロール
コレステロールの影響、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと運動
コレステロールの影響、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。