悪玉コレステロールの原因

悪玉コレステロールの原因

高コレステロール血症はコレステロールが度合いよりも高い人です。

 

コレステロールの中それでも悪玉コレステロールである、LDLコレステロールが高いのです。

 

この原因は様々なことがわかってきているのですが、まだまだわからないこともたくさんあります。

 

一層、一つは遺伝による高コレステロール血症があります。

 

これはLDL受容体の遺伝子異常に因ると考えらえています。

 

このような人はいわゆる体質ですから、食生活などに注意が必要になります。

 

健康的な食生活と慣習を送っていれば、病気にならずに済むのです。

 

また、コレステロールの生成と分解はますます明るい研究が進められています。

 

LDLコレステロールはコレステロールを体中に運ぶ役割を通しています。

 

そうして、運ばれた先で細胞膜の材料となるのです。

 

コレステロール自体は生きていくうえで重要な役割があります。

 

その量が適切ではないために、高コレステロール血症となるのです。

 

中性脂肪なども同じものです。

 

体の中に余分にあると、悪者となってしまうのです。

 

高コレステロール血症を分類すると、いくつかのパターンがあります。

 

原発性高コレステロール血症と呼ばれるものは遺伝的ものが最大の原因です。

 

家族で高コレステロール血症になるケースもたくさんあります。

 

それを家族性高コレステロール血症と呼んでいます。

 

LDL受容体の遺伝子異常が原因と考えられています。

 

その他にも原因不明であるものもあり、現在でも研究が進められているのです。

 

このようにすべての原因が明確になっているわけではありません。

 

LDLコレステロールが小さい

 

LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれるくらいですから、低いほうが宜しいに決まっています。

 

ではLDLコレステロールがテンポよりも安い人はどうなるのでしょうか。

 

低コレステロール血症と呼ばれる症状なのですが、現実問題として何の支障もありません。

 

血管が塞がる要素がないのですから、問題になりようがありません。

 

最近の研究では低コレステロール血症によって、血管がもろくなってしまうとの指摘もあります。

 

ただし、それは未だに学会の研究段階です。

 

現時点では治療の必要性はないとしていいでしょう。

 

日本人の中には高コレステロール血症になっている人はたくさんいますが、低コレステロール血症の人は短いのです。

 

病気ではないとして間違いありませんね。

 

LDLコレステロールが大きい人は動脈硬化などに罹る恐怖が高まります。

 

つまり、そんなに寿命が少ないとしていいのです。

 

LDLコレステロールが低ければ、単純に考えて長生きなのです。

 

あなたのLDLコレステロール値が酷いのであれば、それは自慢していいのではないでしょうか。

 

LDLコレステロールを激しくする方法は簡単なのですが、安くする方法は簡単ではないからです。

 

人間ドックなどでコレステロールが高いと指摘されても、ずいぶん改善できないのです。

 

食事やライフサイクルを入れ換えることは困難ということです。

 

肉を摂るなと言われて、その通りにできる人は少ないのです。

 

動脈硬化になるとわかっていても、人はそれができないのですね。

 

健康で長生きしたいのであればコレステロールを低くしておくことが最善なのです。

 

善玉コレステロール

 

のすべてを作っているのは細胞です。

 

そうして、その細胞膜の原料となるのがコレステロールです。

 

人の体にコレステロールはなくてはならないものなのです。

 

ただし、それが多すぎると病気の基になってしまう。

 

コレステロールには善玉と悪玉の2種類があります。

 

その名の通り善玉が広がるのはいいのですが、悪玉が増えるのはよくありません。

 

悪玉は肝臓から体の全体に運ばれて行くコレステロールでLDLコレステロールと呼ばれます。

 

また善玉は逆に肝臓に運ばれて現れるコレステロールです。

 

HDLコレステロールと呼ばれるものです。

 

人間ドックなどで検査すると、総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の数値が検査達するのが一般的です。

 

LDLコレステロールはその三つから計算で求められます。

 

HDLが多いほどLDLは少なくなるのです。

 

善玉コレステロールは体の中で細胞膜として使用された、余りのコレステロールが肝臓に回収されるものです。

 

体に運ばれる量が回収する量よりも多ければ、それは血液中に溜まって仕舞うことになります。

 

それが血液の流れを悪くしてしまいます。

 

最終的には動脈硬化や脳梗塞、狭心症などの病気になってしまう。

 

肉を食する習慣は西洋文明として日本に入ってきました。

 

それまでは魚を主体とした食事だったのです。

 

肉にはコレステロールがたくさん含まれています。

 

我らの病気において、コレステロールが厳しい症状が言われているのです。

 

無論、ここでいうコレステロールとは悪玉コレステロールのことです。

 

コレステロールの薬

 

人間ドックでコレステロールが大きいと指摘を受けた場合は、なんらかの治療を受けることになります。

 

その時にどのような方法でコレステロールを押し下げるのかが重要です。

 

コレステロールを押し下げるためには薬を使うことができます。

 

これによる効果ははっきりしています。

 

ただし、ほとんどの人はコレステロールが大きいということだけで薬を飲み込むべきではありません。

 

コレステロールが高いのは理由があり、それを除くことによって改善すべきだからです。

 

当然、理由が明確ではなく、どのような改善を通じてもコレステロールが下がらない人もいます。

 

そういう人の場合に薬を使用するべきなのです。

 

病院をめぐって、安易に薬を出そうとしているお医者さんがいたら考えるべきでしょう。

 

では、コレステロールを押し下げるために出来ることはなんでしょうか。

 

それでは食生活を改めることです。

 

脂分の多い食事を取り過ぎていませんか。

 

不規則な食事をしていませんか。

 

野菜はたくさん摂っていますか。

 

コレステロールを押し下げるための方法は健康診断や各種ところでパンフレットとしています。

 

情報はたくさんあるということです。

 

食事を改善することで、コレステロール値は下がっていくのです。

 

食事のほかに、適度な運動があります。

 

運動をすることによって中性脂肪やコレステロールが消費されます。

 

総コレステロールを押し下げることが出来るのです。

 

また、アルコールやたばこ、ストレスなどもコレステロールを上げる要因と考えられています。

 

改善出来るところはたくさんあるのです。

関連ページ

コレステロールを引き下げる
悪玉コレステロールの原因、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと血糖値
悪玉コレステロールの原因、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
正常な血糖値
悪玉コレステロールの原因、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールの影響
悪玉コレステロールの原因、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
血糖値を下げる
悪玉コレステロールの原因、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
我らとコレステロール
悪玉コレステロールの原因、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールと運動
悪玉コレステロールの原因、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。