どの程度まで血圧を引き下げるべきか

どの程度まで血圧を引き下げるべきか

健康診断や、何らかの理由で病院へ行った際に血圧を測定され、高血圧ですとか、血圧がやや高めですとか言われますと、心から気になってしまいますね。

 

多くのかたは、高血圧の治療を受けることになるのでしょうが、しんどい症状が何も薄いということから、専ら放置しておくかたもあることでしょう。

 

まるで、言いたいのは放置だけはいけません。

 

放っておくと命にかかわることにもなりかねない高血圧ですから、しっかりと治療をすることを何度も言っておきたいと思います。

 

さて、ところで高血圧の治療として、ごく軽度の場合にはライフサイクルの改善などをし、重度の場合には即座に降圧薬に頼るわけですが、実際問題、どのくらいの数値まで血圧が下がれば高血圧が改善されたということになるのでしょうか。

 

当然ですが、望ましい数値は血圧の正常値と言われている120/80mmHgです。

 

一度や二度ではなく、終始この数値内にあれば高血圧が改善されたということが出来ます。

 

但し、残念ながら高血圧のかたの多くは、この正常値に立ち返ることはわずかのが実情です。

 

もう一度、動脈硬化や心臓が肥大していらっしゃるかたは、治療を生涯、続けなくてはならないでしょう。

 

糖尿病や腎臓病、心不全などのかたは、いつも血圧管理も必要です。

 

高血圧がどうにも下がらないのには、ライフサイクルを改善するつもりがない、という場合も見受けられます。

 

降圧薬で下がっているなら、次いで望ましいではないか・・・というかたがたですね。

 

但し、降圧薬のみで下げている血圧は、薬を終わるとすぐに上昇しますから、高血圧の改善には何一つなっていないといっても良いでしょう。

 

ある意味、その場しのぎというわけですね。

 

正常値に追いつく可能性があるのであれば、運動や食生活の改善など試してみたいか。

 

次回からは、高血圧に良いと陥る食物を探ってみたいと思います。

 

高血圧に効果的食品(トマト)

 

高血圧を改善するために、営みの改善はとても大事だと、何度もお話してまいりました。

 

そんなに絶対とは言いませんが、多くの高血圧のかたが営みを改善することで、正常値に近づいているのも事実です。

 

中けれども、食生活はすごく血圧に影響していると思われます。

 

ということは、食事に気を付けることも、高血圧の重要な治療のひとつとなるということですね。

 

今回から、ちょっぴりは、高血圧に良いと陥る食物についてご紹介していこうと思います。

 

それでは、高血圧に良いと陥る代表的なものとして、「トマト」が言えるでしょう。

 

「トマトが赤くなると医者が青く繋がる」などという言葉を聞いたことがございませんか。

 

実際、トマトにはそれほどおっしゃるほどのさまざまな効果、効能があるのです。

 

血圧を引き下げる作用があるというのも、本当のことです。

 

押し下げる作用ばかりでなく、高血圧の予防にも効果的のですね。

 

どうして、そんな作用を持つのかと言いますと、トマトには多量のカリウムが含まれているからなのです。

 

カリウムは、身体の中のナトリウム(いわゆる塩分ですね)を体外に排出してくれる作用を所持しています。

 

ですから、塩分の取りすぎによる高血圧には、非常に効き目があるということになるわけです。

 

但し、トマトジュースになっているものは、塩分が添加されているものが多いですよね。

 

高血圧の治療が目的でトマトを摂取しようというのであれば、出来るだけ生のトマトか、塩分無添加のトマトジュースを選ぶようにしてください。

 

やはり、トマトとか、カリウムが多く含まれている野菜や、果ものであれば、すべて高血圧の改善に役立ってくれるでしょう。

 

高血圧に効果的食品(納豆)

 

高血圧に効果的食品として、前回はトマトを挙げましたが、それと同じくらい有名な食品として「納豆」が挙げられます。

 

納豆は、さまざまな病気や症状に効果的食品として名高いものところが、高血圧にも何しろ良いのですね。

 

何とも万能選手といったところでしょうか。

 

そもそも、納豆の原料である大豆自体が、大変頼もしい食物であって、大豆そのものにも血圧を引き下げる作用があるのです。

 

大豆には、大豆ペプチドや大豆イソフラボン、大豆サポニンなどの代表的な成分が含まれていて、それらが血液をサラサラとしてくれて、高血圧を予防・改善したり、動脈硬化を予防したりしてくれます。

 

そればかりでなく、大豆にはカリウムやマグネシウムなどの、血圧をコントロールして受け取る作用を持つミネラルも豊富に含まれているんですね。

 

高血圧のかたがたにとって、大変頼もしい食品なのです。

 

降圧薬で治療を通じているかたがたにも、できるだけ取り入れて望む食品ですよ。

 

ところが、大豆にはふとした難点があります。

 

煮たり、焼いたりするなどの調理を通じても、体内に吸収されがたいのです。

 

ところが、大豆を納豆や豆腐にすることで、吸収もされやすくなるんですね。

 

ですから、納豆になったことで、大豆の高血圧を予防する凄い成分も、吸収されやすく繋がるということになります。

 

そうして、それだけではありません。

 

納豆にしたことで、大豆そのものにはなかった望ましい成分までもがプラスされることになります。

 

納豆菌の探るプロテアーゼという消化酵素が大豆タンパク質を分解する時、血圧を上昇させるアンジオテンシン変換酵素の働きを抑制する物質が生まれて、血圧の降下にはたらく・・・などですね。

 

大豆や納豆は高血圧の治療に大変役に立つ食物だということが、分かっていただけたと思います。

 

高血圧に効果的食品(バナナ)

 

高血圧に効果的食べものとして、トマトと納豆がこれまでに挙げられましたが、他になにかご存じでしょうか。

 

高血圧に良いと受ける食べものは、依然として何かとあるのですが、「バナナ」もかなり有名なもののひとつだと思います。

 

バナナは、ナトリウム(塩分)を体外に排出していただける作用を持つカリウムを極めて手広く含んでいるためでしょう。

 

リンゴと比べますと、約3倍ものカリウムを含んでいるそうです。

 

塩分過多による高血圧には非常に効果的だということになります。

 

バナナは、栄養価も大きい果ものだから、時間がないときの朝食代わりにもなりますし、食物繊維が多く便秘も改善して得るという際立つ食品なのです。

 

それでいて、価格も相当安価ですね。

 

とっくに高血圧の治療を通じてあるかたであっても、降圧薬ばかりに頼らず、食後のデザートやちょっとした間食にバナナを採り入れるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

当然、納豆も、トマトも、毎日の食事に取り入れたい食品です。

 

これからには、毎日、食べることは決して困難なことではありませんよね。

 

食品ですから、降圧薬のように直ちに効果が表れるというものではありませんけれども、小気味よい高血圧のかたでしたら、積み重ねることによって、降圧薬を飲まないですむようになるかもしれませんよ。

 

薬よりは食品で高血圧が改善された方が良いか。

 

見極めるのも不愉快ほど嫌いだというのであれば仕方ありませんが、とくに嫌いという感情がないのでしたら、治療の一環として毎日食べることをお勧めいたします。

 

高血圧に効果的食品(その他)

 

高血圧の予防と改善のために、お勧めしたい食品はちょっとあります。

 

今まで、とくに有名なトマト、納豆、バナナを取り上げてみましたが、今回は、あまり有名ではなくとも高血圧に効果的だと言われているその他の食品をご紹介いたします。

 

ぜひ毎日の食事に取り入れて、高血圧の治療に役立てていただければ幸いです。

 

無論、治療の必要のないかたであっても予防のために、多く取りこみましょう。

 

では、前もって食べやすい果ものからご紹介いたしましょう。

 

柿、スイカ、ナツメ、サンザシ・・・これらが高血圧に効果的と言われている果ものです。

 

次は野菜です。

 

ナス、大根、人参、セロリ、ニラ、春菊、ホウレンソウ、アスパラガス、青梗菜、タケノコなどですね。

 

どれをとっても特別なものはなく、普通のスーパーで簡単に手に入るものばかりですし、調理もし易いものばかりですね。

 

次は、豆類です。

 

ソラマメ、エンドウマメ、緑豆が効果的です。

 

豆類はきちんと頻繁に採り入れるものではないと思いますが、極力入れるようにして下さい。

 

穀類では、トウモロコシ、燕麦、ソバなどが効果的です。

 

ただし、ソバを採り入れる時折、つゆの塩分を控えめにすることを忘れないでくださいね。

 

種子類では、ゴマ、ヒマワリの種、スイカの種なども効果的です。

 

スイカの種は、結構売っているところはありませんが、ゴマやヒマワリの種でしたら、簡単に手に入りますね。

 

海藻類では、ワカメ、コンブ、ノリなどもお勧めです。

 

お味噌汁や酢のもので、1日1回くらいは摂りたい食物ですね。

 

但し、この場合も塩分は控えめにして下さい。

 

魚介類では、カキ、アワビ、貝柱、ナマコなども高血圧に良いと言われています。

 

高血圧のかたも、今未だにそうではないかたも、普段からこれらの食品を食べることを心がけてください。

 

若年性高血圧

 

一般的には高齢のかたがなり易い高血圧ですが、断じてそんなにとは限りません。

 

初々しい方それでも高血圧になり、治療が必要なかたはいらっしゃいます。

 

そのように若々しい方けれども向かう高血圧の事を、「若年性高血圧」と呼んでいます。

 

若年性高血圧は、29歳以下のかたの高血圧です。

 

原因はいくつかありますが、多くは、ホルモンのアンバランスによって引き起こされます。

 

たいてい、思春期のころから20代の半ばくらいまでは、ホルモンバランスが壊れ易い時期なので、このようなことが起こります。

 

ですから、その多くは慌てて治療をする必要もなく、だいたいはそういう時期が過ぎればまた元通りの正常な血圧に戻ります。

 

但し、他の病気が原因で高血圧になっている場合も乏しいとは言えませんから、若いのに思い切り高血圧という場合には、とにかく医師に診てもらいましょう。

 

他の病気が発見されない場合には、精密検査におきましても、ホルモンの微量の変化を解ることはかなり困難ですので、経過を観察することになるでしょう。

 

また、近年の若年性高血圧は、ホルモンのアンバランスによるものだけでもないようです。

 

と、言いますのも、時代による食生活の変化によって栄養過多になったり、そのために早くから体格も良くなり、成長するのが昔に比べて心から早くなったりするわけです。

 

ですから、高血圧だけでなく、これまで成人になってからかかると言われていた多くの「成人病」と呼ばれる病気に、成人前からかかってしまう若者が多くなっています。

 

若年性高血圧であっても栄養過多が疑われる場合には、務め・・・とくに食生活を改めることを試してみたほうが良いでしょう。

関連ページ

高血圧とは
どの程度まで血圧を引き下げるべきか、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高血圧の原因
どの程度まで血圧を引き下げるべきか、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高血圧の治療
どの程度まで血圧を引き下げるべきか、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
降圧薬について
どの程度まで血圧を引き下げるべきか、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高血圧に効果的飲料や運動、サプリ、漢方など
どの程度まで血圧を引き下げるべきか、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。