コレステロールを押し下げる成分

コレステロールを押し下げる成分

食事療法を行う場合、どの種類の高脂血症であっても共通して呼べることがあります。

 

それは、コレステロールのコントロールをしっかりと行なうことです。

 

これは、中性脂肪の値によって仕上がる高トリグリセライド血症であっても例外ではありません。

 

血液中のコレステロール値を標準にすることが、高脂血症の治療へとつながっていきます。

 

食事療法では、どういう成分を含んだ食品を摂取するのが有効なのでしょう。

 

食物繊維は前述したとおりですが、これ以外にも多数の成分が治療の役に立ってくれる。

 

取り敢えず、タウリン。

 

栄養ドリンクでおなじみの成分であるタウリンはアミノ酸の一種で、胆汁酸の分泌を促して受け取る作用があります。

 

これが何を意味するのかというと、コレステロールは胆汁酸によって分解されるため、コレステロール値を低下させることに変わるのです。

 

高コレステロール血症の人は、摂取しておきたい成分といえます。

 

同じくコレステロールを分解する成分には、レシチンがあります。

 

レシチンには血管の壁に付着したコレステロールを取って得る働きがあり、相当有効です。

 

さらに中性脂肪の排泄にも関わってあり、高脂血症における切り札的存在となっています。

 

レシチンは大豆に数多く含まれているので、積極的な摂取を心がけましょう。

 

豆腐料理などがおすすめです。

 

また、高脂血症は活性酸素の酸化を防ぐことで予防、治療ができますが、ポリフェノールにはそれを防ぐ効果があります。

 

ポリフェノールは、ぶどうの皮、赤ワイン、お茶などに入っている成分です。

 

ビタミンを多めに摂取しておくことも心掛けると尚良いでしょう。

 

食事と運動を組み合わせよう

 

どういった病気であっても、人間の身体に起こっている現象である以上、その土台であり基礎である身体が情けないと、病気の治りは悪くなってしまいます。

 

従って、運動によって身体を強めることが重要となって来る。

 

運動は、様々な身体における問題を改善させることにつながりますが、殊に高脂血症に関しては、運動なくして完治無しと考えても可愛いくらいです。

 

どんなに食事療法だけでコレステロールや中性脂肪を適正値に戻しても、もはや脂肪の温床となっている身体では、再発する可能性が高いでしょう。

 

運動を通して脂肪を取り除くと共に新陳代謝を活性化させ、脂肪がたまりにくい身体にする必要があります。

 

そのため、高脂血症は食事療法と運動療法を一気に立ち向かうことが推奨されています。

 

運動は、きついものである必要はありません。

 

寧ろ、誰でもできるくらいのものが一番好ましいと言われています。

 

但し、ある程度の時間継続して立ち向かうのが条件です。

 

また、有酸素運動であることも必須です。

 

それを全て満たすのが、ウォーキングです。

 

ウォーキングといと硬いですが、とどのつまり散歩です。

 

犬などのペットを飼っている場合は、散歩をさせがてら1時間けれども半でも歩けば、それが適切高脂血症の治療となるでしょう。

 

目安としては、1日150kcal分を消費するだけの運動となります。

 

ウォーキングや自転車なら30分〜40分。

 

テニスやジョギングなら20分。

 

水泳やなわとびなら10分。

 

毎日これらの中の一つを行えば、それが適切運動療法となります。

関連ページ

高脂血症から脂質異常症へ
コレステロールを押し下げる成分、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の自覚症状
コレステロールを押し下げる成分、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の一次予防
コレステロールを押し下げる成分、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
食物繊維を摂取と抗酸化物質、活性酸素
コレステロールを押し下げる成分、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など
コレステロールを押し下げる成分、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
和菓子、洋菓子と高脂血症
コレステロールを押し下げる成分、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の検査方法、治療方法
コレステロールを押し下げる成分、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。