高脂血症の検査方法、治療方法

高脂血症の検査方法、治療方法

慣習病と密接な関わりがある高脂血症は、その症状が大して出ないことからはからずも見逃されがちです。

 

なぜなら、慣習病自体がおそらく無自覚なものですからです。

 

自分の日常の中で特別なことを通しているわけでもないのに、それが身体を蝕む原因となっているなど、多くの人が思いもしないことなのではないでしょうか。

 

たとえば、日頃自分が食べている食事に関して、「肥えるかも」とか「少々胃がもたれる」くらいの感想を持つことは、誰にでもあることです。

 

ですが、そこから健康を害するという方向に思考を持って出向くことはあまりありません。

 

食事は基本、健康を維持するための行為のため、高脂血症に関しても自覚をしないケースが全くなのです。

 

そんなこともあり、高脂血症は積極的に自ら検査を受けることを激しくお勧めします。

 

自分の血液中の状態がどうなっているのかということは、病院で検査しなければひと度把握できません。

 

血液検査によって、ついに高脂血症は明るみに出るのです。

 

検査方法は、主に「LDLコレステロール値の測定」、「HDLコレステロール値の測定」、「トリグリセライド値の測定」、「総コレステロール値の測定」といった血液検査によって行われます。

 

断然複雑な検査や手間の掛かる検査はなく、血液を採って終了なので、検査が怖いから…ので受けていない方はかなり安全です。

 

仮にメタボ健診にあたっているのなら、それがただただ高脂血症の検査にもなるでしょう。

 

LDLコレステロール値の検査は必須事項となっています。

 

高脂血症の治療方法

 

検査の結果、高脂血症と診断された場合は、流石その治療が必要となってきます。

 

ありとあらゆる病気において、治療は薬を用いるものという印象が硬いですが、高脂血症の場合も薬を通じて治療するケースはあります。

 

しかし、それが全てではありません。

 

高脂血症の場合、主に3つの治療方法がありますが、それらの方法は独立しているのではなく、基本的には併用して治療を通じて出向くことになります。

 

グループ目は、前述の通り薬もの療法です。

 

LDLコレステロール値やトリグリセライド値を下げることのできる薬を服用します。

 

薬もの療法は、ナチュラル方法ではこれらの値の改善が耐え難いという場合に浴びる治療方法です。

 

基本的には2〜3ヶ月程度の服用で様子を見て、でも予定通りに下がらない場合は、別の薬を処方したり、複数の薬を併用したりすることになります。

 

2つ目は、運動療法です。

 

これはとりわけ健康的な治療方法で、運動ができない状態でなければほとんどのケースで採用されます。

 

高脂血症の治療に適した運動は、ウォーキングです。

 

適度な速さで立ち向かうウォーキングは継続的な有酸素運動として、それがトリグリセライドを減少させ、HDLコレステロール値を増加させることにつながります。

 

流石、健康にも嬉しい作用を及ぼします。

 

そうして、3つ目の治療方法は食事療法となります。

 

高脂血症の原因の多くは食事にあるため、これを直し、そしてコレステロール値やトリグリセライド値を正常に戻すような食事をとることが目的となります。

 

食事療法は根気強く

 

食事療法は、高脂血症の治療における柱と言えます。

 

日常生活の中で、血液の中に脂分が蓄積する原因は食事にあるについてが結構多いため、その改善を行うことで原因を排除することに変わるからです。

 

そうして同時に、食事によってコレステロール値の増減も試せるため、一石二鳥と言えます。

 

食事療法のポイントとしては、予め食べ過ぎを潰すという点が挙げられます。

 

許容量を超える食事をとると、それだけで身体には毒です。

 

肥満の原因となりますし、勿論高脂血症の原因となります。

 

糖分は摂り過ぎると血糖値の上昇に結びつき、肥満になりやすい体質になるため、一際注意が必要です。

 

それを念頭に置きつつ、高脂血症対策の食事療法について考えていきます。

 

高脂血症になってしまった場合、予防段階とはことなる食事が必要です。

 

但し、予防と同じ点も多数あります。

 

先ず、動もの性脂肪を切り落とし、食物繊維の摂取を繰り返すという点。

 

塩分、糖分を遠退け、量を適度にし、バランスの良い食事にするという点。

 

これらは予防と同じですが、これに加え、治療の段階では悪玉コレステロールや中性脂肪の値を燃やす、また善玉コレステロールの値を繰り返すという努力も必要です。

 

悪玉コレステロールや中性脂肪の値を増やさない努力をするだけでは、現状維持に留まってしまいます。

 

そのため、食事のメニューを厳選し、こういう効果のある食材を数数多く含んだ食事を毎日の中に取り入れて出向くことが必要となります。

 

高コレステロール血症の場合の食事

 

高脂血症における食事療法は、どんな値に異常が見られるのかという点を考える必要があります。

 

つまり、LDLコレステロール値、HDLコレステロール値、トリグリセライド値の3つのうち、どの値に問題があるのかという点です。

 

これによって、食事のメニューも大きく変わってきます。

 

悪玉コレステロールであるLDLコレステロール値が高い状態、つまり高コレステロール血症の場合は、食品から摂取変わるコレステロールの値をできるだけ制する必要があります。

 

目安としては、300mg以下が望ましいでしょう。

 

しかし、コレステロールの厳しい食材をすべて排除することは、ほとんど得策ではありません。

 

全体の栄養バランスを考えた上で、摂取する食品は摂取する必要があります。

 

具体的にいうと、卵はできるだけ食するようにしたほうが良いでしょう。

 

やはり、過剰摂取はご法度です。

 

1日1個を目安としてください。

 

動もの性脂肪を控える一方、植もの性油や魚類を食事の中に加えていくと良いでしょう。

 

これらに関しても、案の定過剰摂取は禁ものです。

 

比率としては、1日に摂取しても望ましい範囲の脂分において、動もの性脂肪が1、植もの性油が2となるのが素晴らしいようです。

 

一方、食物繊維を含む野菜やキノコ類などは、ある程度多めに摂っても構いません。

 

全体の摂取エネルギー、つまりカロリーに関してもしっかりと把握しておきましょう。

 

1週間を基準として、1日平均1,500〜1,800kcalで鎮められれば、高脂血症の治療としてはOK。

 

低HDLコレステロール血症の場合の食事

 

善玉コレステロール、すなわちHDLコレステロールが不足しているときのことを低HDLコレステロール血症と言いますが、この場合の食事療法は、他の高脂血症とは相当異なります。

 

他の高脂血症の場合は脂質を除外させることが必要となりますが、低HDLコレステロール血症の場合は、コレステロールを摂取しなければならないためです。

 

とはいえ、善玉と悪玉では全く異なるということも考慮しなくてはなりません。

 

あくまでも、善玉コレステロールを繰り返すことが、低HDLコレステロール血症の症状を治療するために必要なことなのです。

 

低HDLコレステロール血症を改善させるには、日常生活における日課を健全なものにするのが一番です。

 

タバコを遠ざけ、適度に運動し、1日3食しっかり取る。

 

食事は野菜や魚を多めにしつつ、肉類や豆類といったものも適量摂る。

 

これで、思い切り改善されるはずです。

 

重要なのは、食べることです。

 

低HDLコレステロール血症だと思ってしまうと、とにかく食事には神経質になりがちです。

 

当然他の高脂血症の場合は、脂質をなるたけシャットアウトしたほうが可愛いということがわかっていることもあり、なんとなく食事をイエットという感覚でしてしまうが、実際には適度な脂質を摂取しないことには善玉コレステロールは得られません。

 

また、お酒に関しても適量であれば飲んだほうが良いでしょう。

 

アルコールは高脂血症の敵という印象が凄いかもしれませんが、少量であれば善玉コレステロール値の改善にもつながります。

 

高トリグリセライド血症の場合の食事

 

高トリグリセライド血症の原因として断然多いのは、アルコールの過剰摂取です。

 

よく「ビール腹」という表現が使われますが、現にこういうお腹になっている人は、高トリグリセライド血症である可能性が厳しいと言えるかもしれません。

 

それほど、アルコールの分解が上手くできない体質の人がアルコールを過剰摂取すると、致命傷と言っても良いかもしれません。

 

それくらい、高トリグリセライド血症とアルコールには密接な関わりがあります。

 

高トリグリセライド血症の食事療法では、アルコールの摂取はかなり押える必要があるでしょう。

 

しかし、完全に断つ必要はありません。

 

少しに押さえ付けることで、逆に低HDLコレステロール血症を制するという効果も生まれてきます。

 

おんなじ高脂血症である低HDLコレステロール血症は、高トリグリセライド血症とはことなる食事療法を行う必要があるので、その点を注意しつつ治療に務める必要がありますが、アルコールを賢くコントロールできれば双方の治療につながります。

 

但し、徹頭徹尾少量です。

 

多少なりとも飲んだら勢いで適量以上飲んで仕舞うという人は、完全に断った方が良いでしょう。

 

高トリグリセライド血症の場合、糖類もかなり厄介な敵となります。

 

糖類は、適量以上になると完全に吸収されず、脂肪となって体内に残ります。

 

これは当然高脂血症の原因となるのですが、その中それでも高トリグリセライド血症との関わりが一番奥深いと言われています。

 

従って、食事療法を行う上では、糖類もカットしておく必要があるでしょう。

 

容積の目安は、1日150g程度としています。

関連ページ

高脂血症から脂質異常症へ
高脂血症の検査方法、治療方法、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の自覚症状
高脂血症の検査方法、治療方法、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の一次予防
高脂血症の検査方法、治療方法、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
食物繊維を摂取と抗酸化物質、活性酸素
高脂血症の検査方法、治療方法、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など
高脂血症の検査方法、治療方法、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
和菓子、洋菓子と高脂血症
高脂血症の検査方法、治療方法、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールを押し下げる成分
高脂血症の検査方法、治療方法、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。