肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など

肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など

脂肪を多く含む食材の代名詞とも言える肉類。

 

高脂血症を気にしてしまうと、とにかく肉類の摂取に対してネガティブになりがちです。

 

ですが、肉類は非常に豊富な栄養を含んであり、身体を形作り、健康を保つためには必要な食材でもあります。

 

日々の食事から肉類を全て省くことは、健康面においては大して得策とはいえません。

 

ただし、過剰摂取が高脂血症の原因となることは確かです。

 

そうして、肉類というものはふっと手広く摂取しがちな食材でもあります。

 

焼肉などは一際そうですね。

 

肉類を料理する上で高脂血症に気を使う方法は、とりあえず脂身を使わないことです。

 

脂身が多い豚バラ肉は、極力控えるようにください。

 

ますます、脂身が多い部分は意図的に切り離し、赤身の部分を使用すると良いでしょう。

 

牛肉の場合は、脂身の部分と赤身の部分が敢然と分かれていることが多いので、分離はしやすいですね。

 

鶏肉の場合は、皮を省くことで高脂血症の予防につながります。

 

ソーセージ、ハム、ベーコンといった肉類の加工食品は脂肪分が多く、また塩分も多いため、かなり量を控えめにすることをオススメします。

 

朝食、昼食等で摂取することの多いこれらの食材は、食物繊維の多い野菜と共に摂取することで、ある程度体内への堆積を防ぐことができます。

 

肉類は、日々の食事においては欠かせない食材です。

 

したがって食卓から排除するのではなく、賢く付き合って行くことが健康を維持する上では重要です。

 

とりわけオタクが多い食材なので、料理の際には賢く工夫ください。

 

揚げものと高脂血症

 

脂ものの食事や油を多く使用した食事の代名詞とも言えるような食品といえば、揚げものが代表的な食べものでしょう。

 

近年、揚げものは非常に消費量が増えてきています。

 

その要因は、弁当や惣菜を購入する人が増えているという点です。

 

昔は、各家族がそれぞれの家庭で数人で食卓をくるむのが当たり前だったため、家で食事を作るのが通例でした。

 

ただし、今は核家族化が進んだことでひとり暮しも目立ち、弁当や惣菜で食事を済ませる家庭が増えています。

 

その結果、揚げものの消費量が増加しているのです。

 

揚げものは、実際かなりの油分を含んでいます。

 

そのため、摂り過ぎは当然ながら高脂血症の要因となります。

 

また、意識して摂取量を抑えても、毎日食べている場合は高脂血症という状態になる可能性があります。

 

ですが、これらのものを食べてはいけないということはありません。

 

重要なのは、どんなに脂質を抑えた揚げものを摂るかということです。

 

そのため、前もってどのタイプの揚げものが油を数多く含み、カロリーが高くなっているかを確認する必要があります。

 

揚げものの中で、一番カロリーが良いのはてんぷらです。

 

それでフライ、から揚げ、そして素揚げの順となります。

 

ただ、から揚げは鶏肉自体のカロリーもあるので、必ずしも安いとは分類できません。

 

それよりも、野菜のてんぷらの方がヘルシーです。

 

揚げものは出来るだけ出来合いのものではなく、実際に自分で作るか、若しくは家族に作ってもらうようにしましょう。

 

フッ素加工のフライパンを活かし、高温度で短時間のうちに揚げ、衣を薄めにし、材料を大きめとして揚げると実にカロリーを抑えられ、高脂血症を防ぐことができます。

 

低カロリー食品と高脂血症

 

ダイエットやメタボリックシンドロームの防止同様、高脂血症を予防するためには、高カロリーの食品をからきし摂取しないという硬い気持ちが必要です。

 

ですが、ダイエットと同じように位置付ける必要はありません。

 

ダイエットの場合、感覚的に「たくさんにならないようにする」ということを念頭にしがちですが、高脂血症の場合は断じてそんなにとは限りません。

 

脂質を全然含まない食材であれば、目色々食事をしてもOK。

 

あくまでも、血液中のコレステロール値や中性脂肪を増やさないことが目的ので、それらの原因となる食事をしなければ、なので問題はありません。

 

では、どういった食事をすればコレステロール等を高めずにたくさんに生まれ変われるのでしょう。

 

注目やるは、こんにゃくです。

 

ダイエットも度々利用されるこんにゃくは、脂質を含んでいません。

 

そのため、どれだけ食べても高脂血症の原因となることはないので、賢く利用しましょう。

 

こんにゃくは舌ざわりが良いことが大きな特徴で、これにおいてお肉と同じような舌ざわりの食品を開発するというテクニックも近年広がりを見せています。

 

また、雑炊などと混ぜて米を少なめにしてカロリーを控えるということもよく行われています。

 

こんにゃくは消化を促す作用もあるので、他の食材と取混ぜるのも効果的のです。

 

こんにゃく以外にも、海藻類やきのこ類は脂質を含まない食材として重宝します。

 

ただ、これらだけでたくさんになって評価を得るというのは、わずか難しいかもしれません。

関連ページ

高脂血症から脂質異常症へ
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の自覚症状
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の一次予防
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
食物繊維を摂取と抗酸化物質、活性酸素
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
和菓子、洋菓子と高脂血症
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の検査方法、治療方法
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールを押し下げる成分
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。