高脂血症の自覚症状

高脂血症の自覚症状

現在の日本では当たり前のように西洋の食事と同じようなメニューが並び、食されています。

 

ただし、日本人の体質にそういった食事は必ずマッチしているわけではありません。

 

長い年月をかけ、島国ならではの独自の文化で魚や野菜を食してきた日本人にとって、脂肪を数多く含んだ西洋の食事は、相性が良いとはいえないのです。

 

その結果、高脂血症が発症してしまいます。

 

問題なのは、高脂血症という病気には自覚症状ばかり乏しいという点です。

 

糖尿病、高血圧など、ライフスタイル病と呼ばれる病気はたくさんありますが、それらも基本的には初期症状はからきし自覚できないことが多々あります。

 

ただ、でも用心深く自分を観察していれば、病状によって知ることもあります。

 

ですが高脂血症の場合は、初期段階はおろか、その次の段階でも自覚症状を覚えることができないという人がなかなか多いようです。

 

一層気がかりとして、高脂血症には危機感を抱きつく人が少ないという点が挙げられます。

 

たとえば、糖尿病は恐ろしい病気という認識がすでに一般化しています。

 

合併症など様々な病気を引き起こし死に差し掛かる、あるいは半身不随などの機能障害を起こすという事例が多数確認され、「身近な恐い病気」という認識が広まっているからです。

 

一方、高脂血症は多くの人がそれに該当している状態で、また普通に日常生活を送っていることから、「些か太り気味」、「メタボ体型」くらいの認識で止まってしまうという状況になっています。

 

しかしながら、高脂血症は本来非常に恐ろしい病気なのです。

 

高脂血症と合併症

 

慣例病は、もう多くの日本人がその状態にある、要するに日常病とも言えるようなものです。

 

予備軍も含めれば、よっぽど健康に気を使ってしっかりとした食事と睡眠を摂っている人でなければ該当してしまう。

 

現代の日本では、全く過酷な労働条件の下に仕事をしている人も数多く、学生ですら交わる間も惜しみ勉強しているに関しては少なくありません。

 

どんどん、若者はおろかある程度の年配者けれども、ファストフードに頼った食事、あるいは脂ものを多く組み合わせる食卓で箸を取るという日常を送っています。

 

この状況では、高脂血症が蔓延してさすがなのかもしれません。

 

そういう高脂血症が何故厄介なのかというと、合併症を引き起こすからです。

 

糖尿病の例を考えれば、合併症がどんなに恐い状態かが聞き取れるでしょう。

 

そうして高脂血症が引き起こす合併症は、糖尿病の合併症に劣らず非常に怖い病気ばかりです。

 

高脂血症が導く合併症の例としては、動脈硬化が最もメジャーです。

 

血管中に脂肪がたまり、血液の流れを遮断したり、血液がどろどろになることで流れを遅くしたりする状態です。

 

そうして、この動脈硬化の状態がもっと悪化すると、心筋梗塞、脳梗塞という状態になってしまいます。

 

これらの病気は命を落とす危険があることは無論、植もの状態、半身不随など、死を回避できてもヤバイ後遺症を残す可能性があるため、非常に危険な状況となります。

 

こういった恐怖を内包しているのが、高脂血症という病気なのです。

 

高脂血症とメタボリックシンドローム

 

様々な病気がこの世の中にはありますが、その中には、それぞれの病気における原因が非常にくらい、結果としてどちらかの病気や症状がどちらかの病気のシグナルとなるケースが多々あります。

 

その代表例と言っても良いのが、高脂血症とメタボリックシンドロームです。

 

高脂血症の原因となるのは、いわゆる暮らしの悪化です。

 

遺伝などの原因もありますが、暮らし、最も食事の偏りが血液中における中性脂肪やコレステロールの増加、減少を引き起こすことが多いと言われています。

 

毎日の食事の中に、脂分が多いものや脂肪を多分に含んだ肉類などがあると、自然とそれが血液中にも多くなってしまいます。

 

また、血液中の脂質を肝臓へと流し込む機能が低下する原因も、食事にあるケースが多いようです。

 

こういった原因は、メタボリックシンドロームとなる原因と完全に一致します。

 

言うまでもなく、メタボ体型になる最大の原因は食事にあります。

 

これが何を意味するのかというと、メタボリックシンドローム、あるいはその予備軍の人は主として高脂血症になる可能性が大きい、若しくは既になっている状況にあるということです。

 

従って、メタボリックシンドロームという状態は高脂血症のシグナルもあるのです。

 

メタボ健診の義務化により、社会人は自分がメタボリックシンドロームなのか、あるいはそれにほど近いのか、まるで問題ないのかといった診断を毎年下されることになりました。

 

そのため、自分が高脂血症になる可能性があるということもまた、メタボ健診で明らかになることになったのです。

 

そういった意味では、予防しやすい環境ができたとも言えます。

 

高脂血症の主な原因

 

様々な原因が考えられている高脂血症ですが、その中には、改善が可能な原因と不可能な原因とがあります。

 

仮に高脂血症の疑いがある場合は、これらの原因のうち、自分にどれが当たるかということを理解しないと、治療することができません。

 

高脂血症の場合、自分の日常生活におけるライフスタイルをある程度変えていかないといけないケースが多いので、この把握はとても重要です。

 

高脂血症の主な原因として言えるのは、営み病、別の病気からの併発、そして遺伝です。

 

このうち、改善が可能なのは、営み病と別の病気です。

 

遺伝の場合は手を加えることができませんから、病気を治すというよりは症状の緩和を試みることになります。

 

尚、遺伝以外にも、加齢によって高脂血症になる可能性があります。

 

また、男性がなり易い病気とも言われています。

 

いずれも、営み病などの理由がない場合にこれらの理由が思い当たるという診断を達することになるでしょう。

 

この中でそれほど問題となるのは、営み病です。

 

食事面は別に高脂血症と密接な関わりがあります。

 

脂肪分の過剰摂取はとっくに指摘している通りですが、それ以外にもアルコール類の大量摂取が原因となるケースが多々あります。

 

食事においては、取るという行為が重視されがちですが、本当は呑むほうに関しても、高脂血症の原因として買取るのです。

 

また、食事面以外でも、ストレス、運動不足、喫煙といった点が原因になると言われています。

関連ページ

高脂血症から脂質異常症へ
高脂血症の自覚症状、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の一次予防
高脂血症の自覚症状、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
食物繊維を摂取と抗酸化物質、活性酸素
高脂血症の自覚症状、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
肉類や揚げ物などの食し方から低カロリー食品など
高脂血症の自覚症状、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
和菓子、洋菓子と高脂血症
高脂血症の自覚症状、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
高脂血症の検査方法、治療方法
高脂血症の自覚症状、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
コレステロールを押し下げる成分
高脂血症の自覚症状、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。