コラーゲン

コラーゲン

年をとるにつれて体内でできあがるコラーゲンの量は鎮まる一方です。

 

食事から1日必要量のコラーゲンを摂取するはかなり一大ことです。

 

殊更コラーゲンは女性の美肌、美容効果に関係のある大切な成分です。

 

 

すっぽんの甲羅のまわりにあるエンペラという部分にはコラーゲンがたくさんあります。

 

というよりコラーゲンの固まりなのです。

 

すっぽん料理の定番もあるすっぽん鍋を食べたあと、その汁や食べ記しを一晩置いておくと、鍋の底にプルプルに固まって残ります。

 

これはコラーゲンです。

 

1日に約3gの摂取を必要とされるコラーゲンはすっぽん鍋を食べれば十分なコラーゲンを摂取することができます。

 

ただし毎日すっぽん鍋を食べ積み重ねることは不可能です。

 

 

最近では魚などから摂取したコラーゲンを細く砕いて粉末状としてコラーゲン粉末として販売されています。

 

粉末として細くしてあるためコラーゲンが体内にも吸収されやすいのです。

 

このコラーゲンの粉末を料理に入れたり、コーヒーやお茶などの呑みものに入れたりして簡単にコラーゲンを摂取することができます。

 

すっぽんのエンペラ部分を粉末として販売しているところもあるようです。

 

またこの粉末において今流行りのコラーゲン鍋を作り上げることもできます。

 

すっぽんという巨額ものを使わなくてもこの粉末があれば大丈夫です
鍋にコラーゲン粉末を大さじ2杯くらい入れるだけでいいのです。

 

簡単にコラーゲンを摂取することができます。

 

 

 

すっぽんの栄養素

コラーゲン

 

すっぽんにはアミノ酸やビタミンも豊富に含まれています。

 

アミノ酸は全部で20種類ほど存在していると言われています。

 

このうち人間は8種類の必須アミノ酸を体内で生成することができません。

 

アミノ酸は人間の体の若さを持ち、病気などと闘う元気をくれる成分です。

 

 

すっぽんの中には必須アミノ酸も含めてすべてのアミノ酸が豊富に含まれています。

 

しかも天然で良質なアミノ酸が含まれています。

 

中それでもグリシンは血栓を融解する作用があり、ヘキサデセン酸とエイコサペンタ酸には悪玉コレステロールを取り除いてもらえる作用があり大切なものです。

 

これらのアミノ酸を摂取することで、脳血栓や脳梗塞、動脈硬化や各種心臓病予防に効果を発揮します。

 

 

またビタミンも豊富に含んでいます。

 

ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2そうしてカルシウムも含んでいます。

 

 

二度とすっぽんの脂肪は私たちの体にはなはだ済む効果をもたらします。

 

すっぽんの脂肪はEPAやリノール酸など不飽和脂肪酸でできています。

 

これらの不飽和脂肪酸は体内の悪玉コレステロールとLDLを燃やす働きを持っています。

 

脂肪を摂りすぎて体内に脂肪が蓄積されていくと、動脈硬化や脳卒中そうして心筋梗塞などの心配があります。

 

すっぽんに含まれる不飽和脂肪酸はコレステロールを減らしてこれらの病気を予防して得る効果のある注目の成分です。

 

際立つ動もの性のたんぱく質も豊富に含んでいるため美容にも効果があります。

 

 

 

天然すっぽん

コラーゲン

 

今現在日本国内にはほんのわずかですが天然のすっぽんが生息しています。

 

そうしてわずかですが天然のすっぽんを食することが出来る食堂も存在しています。

 

養殖すっぽんとの違いといっても予めすっぽんは天然のものけれども体質的にいまひとつ脂肪をつけないので味はそれほど貫くそうです。

 

日本国内にあるすっぽん食堂も多くは養殖のすっぽんを通じているそうです。

 

 

では天然すっぽんと養殖すっぽんはいったいどんな違いがあるのか比べてみます。

 

大きな違いとして言えるのはすっぽんの年齢の違いです。

 

養殖のすっぽんは早くて1年長くても3年過ぎすぐに市場に出荷されていきます。

 

ただし天然のすっぽんの場合、すっぽん自体の寿命が長いため、最低でも5年以上経っているものが食堂で使われています。

 

 

さらなる違いとしてはすっぽんの体質にあると言えます。

 

養殖のすっぽんは人間が育てているわけですから、自ら餌をさがす必要がありません。

 

餌探しのための移動が必要なく運動量が少なくなっているのです。

 

そのため肉質は鍛えられていません。

 

天然のすっぽんの場合は通じるために貪欲に餌を獲って行動しているため肉質はとても鍛えられています。

 

また性格もどう猛になっています。

 

 

見た目からしても違いがあります。

 

養殖のすっぽんの場合、ない色を通しています。

 

天然のすっぽんの場合、茶褐色や黄色や緑がかったような色を通していて色が深いです。

 

爪も天然のものの方が激しくなっていますし、人に対してすぐに噛みつこうとします。

 

 

このようにして味にあまり違いがないと言われる天然と養殖のすっぽんは、身の締まり具合が違い色合いも移り変わることがわかります。

関連ページ

すっぽん
種類、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
茶寮ひさご
大市、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
パワーライフ
すっぽんS、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
すっぽん皇帝
すっぽんエキス、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
すっぽんの浄血作用
すっぽん鍋、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
漢方薬
糖尿病に効果、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
カルシウムとビタミン
スッポンモドキ、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
すっぽんの飼育
にんにくすっぽん卵黄、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
すっぽんラーメン
Q&A、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。