自然治癒力とクエン酸その2

自然治癒力とクエン酸その2

私とは反対に、直ちに風邪薬を飲んでいる友人がいるのですが、最近はどの薬を飲んでも効果がいまひとつだそうです。

 

やっと市販の薬が効かなくなり、病院で処方してもらうようにしていると言います。

 

このように人間の体は入ってきたものに対して免疫が出来る特質があります。

 

 

たとえば、インフルエンザなどは予防注射がありますよね。

 

子供のころ、学校で一斉に受けさせられました。

 

今は任意になってきたところも多いですね。

 

 

これは、最初に少量のウィルスを体に注射することです。

 

これによって体にインフルエンザウィルスを覚えさせているのです。

 

こうすると体内にそのウィルスに対しての免疫が出来ます。

 

 

ですから、次回、おんなじウィルスが侵入してきたときに、免疫システムが「あ!この前とおんなじウィルスだ!」と撃退するのです。

 

撃退の仕方は練習でわかっていますから、本番で直ちにやれるというわけです。

 

ですから、毎年、はやるインフルエンザの型と予防注射の型が違ったら、予防注射を通じても意味がないと言われていますよね。

 

 

では、皮膚などの再生を考えてみたらどうでしょうか?
皮膚再生を考えてみれば、ナチュラルヒーリングパワーが理解いただけると思います。

 

切ったところが盛り上がって来て、傷が治りますよね。

 

薬を使うと言ってもばい菌が入らないようにする程度です。

 

最後は人間が自ら治療します。

 

ですから、ナチュラルヒーリングパワーがあるからこそ、怪我も病気も癒えるのです。

 

さて、クエン酸はナチュラルヒーリングパワーに望ましい効果を与えますが、その際、体がアルカリ性体質にすることが重要です。

 

クエン酸は、私達の体を弱アルカリ体質としてくれ、健康体に保って受け取る成分なのです。

 

 

 

ホメオスタシスとクエン酸その3

自然治癒力とクエン酸その2

 

みなさん、酸化という働きを聞いたことがありますか?
酸化とは金属が酸素によって変化し、サビが生じることです。

 

小学校の時に理科で習ったと思いますが、金属が酸素と結合して酸化鉄になります。

 

一般に「錆びる」と呼ばれる状態です。

 

このように金属が錆びることも酸化と呼びます。

 

 

ですが、これは金属に起こることだけではなく、私達の中それでも酸化は行われているのです。

 

こうしたことを聞くと「え?体の中が錆びているの?」と驚く人もいらっしゃると思いますが、そうではなく違う酸化なのです。

 

私達の体の中それでは、日夜、食べた食ものを燃やしてエネルギーとしています。

 

食べものから毎日、エネルギーを作り出し、私達が動いたり生活したり、通じることの活動元になっているのです。

 

このエネルギーを生み出す行為が、本当は酸化と呼ばれる働きなのです。

 

どうしてでしょか、金属が錆びることと意味が違いますよね。

 

 

この酸化活動がきちんと体内で行われていないと、健康体ではなくなると言われています。

 

弱アルカリ性体質であるべき体も酸性の方向にかけています。

 

これを防ぐために、クエン酸が良いと言われているのです。

 

クエン酸は体が酸性方向に行くことを、防いでくれナチュラルヒーリングを高めていただける。

 

 

たとえば、私達、人間や動ものは、息をすることで体内に酸素を取りこみます。

 

これは意識的に立ち向かうことではなく、自然に行われていることですよね。

 

エネルギーを設けるとは、この酸素と食ものを結合させ、酸化ものをいつも作り続けていることなのです。

 

 

 

ナチュラルヒーリングパワーとクエン酸その4

自然治癒力とクエン酸その2

 

この酸化という作用が、体内で正常に行われていない状態になりますと、乳酸、焦性ブドウ酸と呼ばれる酸化ものが体内に残ります
言ってみれば、燃えカスが体内に残ってしまうのです。

 

 

乳酸などは体にとって悪影響を与えるものだから、燃えカスが止まることは悪いことです。

 

こうなると、体液が酸性に向かうことになってしまいます。

 

 

体が酸性化になると、体内ではいかなることが起こっているのでしょうか?
血液はどろどろして粘性が出てきて、過ぎ行きがたくなります。

 

血液がきちんと流れていなくては、酸素や栄養分が末端の細胞まで、十分に運ばれないようになります。

 

結果、代謝が悪くなり、乳酸によって疲労も感じてしまいます。

 

なので、乳酸や焦正ブドウ酸を正しく燃焼して、酸化を促さなければなりません。

 

その酸化を促す効果がクエン酸には含まれているのです。

 

 

乳酸は、体内で分解されると、最後には水と二酸化炭素に変化して体の外に排出されます。

 

そうして、体液が弱アルカリ性体質になるのです。

 

体が弱アルカリ体質であるということは、先刻ご説明したようにナチュラルヒーリング効果が大きい状態と言えます。

 

毎日、クエン酸を飲むと、疲れの元である乳酸が消滅して疲れ知らずになり、一層血液がまとまります。

 

ですから、お酢や梅干など、クエン酸を含む食品をまめに採り入れるようにしたいですね。

 

また、サプリメントでの摂取、果実酢や黒酢など、お酢の中それでも呑みやすいものを毎日、少しずつ飲み込むのも良いでしょう。

 

健康のためには毎日、少しずつでもクエン酸が含まれているものを摂取することが必要です。

関連ページ

クエン酸とは
クエン酸とお酢その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸とお酢その3
クエン酸と美容その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と美容その3
クエン酸を食事に取り入れようその2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸を食事に取り入れようその3
クエン酸サイクルその1、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸サイクルその2
クエン酸とミネラル、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と血液その1
クエン酸と血液その3、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と痛風
クエン酸のさまざまな効果その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸の様々な効果その3
ナチュラルヒーリングパワーとクエン酸その1、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。