クエン酸の様々な効果その3

クエン酸の様々な効果その3

クエン酸ダイエット、このようなダイエット方法が存在するのも、このクエン酸サイクルが体内でなさるためです。

 

そうして、このクエン酸サイクルは私達の皮膚細胞を健康にしてもらえる。

 

 

そもそも、クエン酸サイクルは人間が生きていくためのエネルギーを編み出すものだが、これが活発に機能した場合、各細胞が元気に働きます。

 

従って、肌細胞も元気になりますから、私達の肌を美しく健康に保つことが出来るのです。

 

クエン酸を摂取している人は、健康で美しいということになりますね。

 

 

また、クエン酸はリフレッシュにも役立ちます。

 

現代人はストレスを感じている人がやけに多いと言われています。

 

ストレスが貯まると心も体も不調になってしまいますよね。

 

 

ご存知弱い方も多いでしょうが、人間のストレスは副腎ホルモンと強く関係しています。

 

このホルモンですが、クエン酸が正常に供給させる働きをします。

 

すると、ストレスに対して耐性がアップします。

 

ストレスがなくなれば、それによって発症する、胃腸、十二指腸潰瘍も抑制することが出来るのです。

 

普段からクエン酸を取っていると、ストレスをもらいにくく変わるということですね。

 

 

また、耐性についても、クエン酸は良い影響を与えます。

 

人間の免疫システムは、白血球が活発になっていれれば、活発になっているほど、それ程入ってきたウィルスを撃退する力が広いということになります。

 

なので、クエン酸は白血球の働きを活性にする働きがあるのです。

 

 

 

クエン酸の様々な効果その4

クエン酸の様々な効果その3

 

風邪のウィルスなどが体に入ってきても、それ以上活動させず、撃退します。

 

また、クエン酸はウィルス性の疾患、肝臓病にも効果があると言われています。

 

ですから、クエン酸を毎日、摂取することは、健康維持にもなりますし、病気撃退にもなるわけです。

 

 

ご説明してきましたように、健康維持や疾患などにも効果を発揮しているクエン酸ですが、ずっと日常的に使えることもあります。

 

たとえば、髪の毛を洗ったときのリンスとして、クエン酸を使うことができます。

 

シャンプーというものは、電解洗浄液です。

 

これは、弱アルカリ性なので、シャンプーで髪を洗うと、やむを得ずキシキシしますよね。

 

髪の毛は元々弱酸性ですから、シャンプーの後は、髪の毛を弱酸性に戻すことが必要です。

 

 

では、クエン酸を通じてどのようにリンスをするのでしょうか?
それにはクエン酸液を使います。

 

洗面器に湯を入れ、クエン酸を数グラムほど入れます。

 

シャンプーしたあと、これでリンスすると髪が美しくしっとりとしなやかになるのです。

 

一気に効果が出るので、リンスしながら手触りで判るくらいです。

 

髪にこのクエン酸を垂らしたまま、数分置いて据え置くと再び効果がアップです。

 

その後、洗い流してくださいね。

 

髪にダメージがある方、市販のトリートメント剤ではどうにも髪質が改善されない方、ぜひ、クエン酸リンスを試してください。

 

髪を干すと艶が出てくるのがわかります。

 

また、地肌がすっきりと洗え、特徴もあるくらいです。

 

 

 

ナチュラルヒーリングパワーとクエン酸その1

クエン酸の様々な効果その3

 

さて、みなさんは、いかなるダイエットをしたことがありますか?
バナナダイエットですか?
リンゴダイエットでしょうか?
水ダイエットと言うのも、凄い流行りましたよね?
或いは、背伸びダイエットなど食べもので調整するのではないダイエット方法もありますよね。

 

そう言えば、成分によるインシュリンダイエットなどもあります。

 

また、耳ツボダイエットや骨盤ダイエットもありますよね。

 

必ず、真新しいダイエット方法が次から次へと出てくる時代ですから、私達も各種情報に惑わされないようにしたいですね。

 

 

さて、ここでご紹介したいのがクエン酸ダイエットです。

 

これは、ダイエットだけでなく、健康になることも出来ます。

 

クエン酸は人間の持っている、「ナチュラルヒーリング」というものの力をアップさせます。

 

これは、人間の体が自分で治癒しようとする力です。

 

一層、エクササイズと組み合わせて、クエン酸を摂取すれば理想的です。

 

 

病気や怪我をすると、すぐに病院で診てもらう人も多いですよね。

 

また、すぐに薬を飲んで仕舞う人もいるでしょう。

 

そうして薬に頼っていると、私達の体にそれに対しての免疫が出来てしまいます。

 

簡単に言えば薬が効かないということです。

 

 

私は風邪をひいたときもそんなに薬を呑みません。

 

ですが、熱が出たときなど、「既にこれは薬を飲まないといけない!」と思った時、風邪薬を飲みます。

 

普段飲まない分、凄い効いてくれて、ぐっすりと眠ることが出来ます。

関連ページ

クエン酸とは
クエン酸とお酢その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸とお酢その3
クエン酸と美容その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と美容その3
クエン酸を食事に取り入れようその2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸を食事に取り入れようその3
クエン酸サイクルその1、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸サイクルその2
クエン酸とミネラル、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と血液その1
クエン酸と血液その3、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と痛風
クエン酸のさまざまな効果その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。