クエン酸と痛風

クエン酸と痛風

また、クエン酸は、痛風の症状を改善して得る効果もあるそうです。

 

代謝異常で起こってしまうのが、痛風ですからこれを修正します。

 

痛風は素晴らしい痛みです。

 

実家の父が数年前に痛風になりましたが、普段、弱音をはかない力強い父も、痛風の痛さは耐えられないと言っていました。

 

 

クエン酸が効くと言っても薬ではないので、絶対に効くというわけではありません。

 

クエン酸の性質のひとつに強酸性尿を弱酸性に中和するということがあります。

 

これが痛風を改善することになるのです。

 

 

では、どうして、強酸性尿を弱酸性に中和する働きがあるクエン酸が痛風に効くのでしょうか?
そもそも、尿酸というものは、尿が弱酸性であると尿の中に溶け易いものです。

 

そして、体外に簡単に排泄させることが出来ます。

 

外に尿酸が排出されやすいことは、結果、体内の尿酸値が下がるということです。

 

尿酸値が下がれば、痛風の解消となります。

 

お医者さんで処方罹る痛風の薬の中にも、強酸性尿を改善して弱酸性尿に変える痛風手当てがあります。

 

その中には、「クエン酸ナトリウム」や「クエン酸カリウム」も入っていますので、クエン酸が痛風に良いということはおわかりになると思います。

 

ですから、自分は痛風になるかもしれないと想う人は、症状が出る前に、クエン酸を取り続けたほうが良いですね。

 

粉になったクエン酸も市販されていますから、水に溶かして飲み込むだけで便利です。

 

簡単ですからお勧めですよ。

 

 

 

クエン酸のさまざまな効果その1

クエン酸と痛風

 

ストレス、疲労が溜まると乳酸が蓄積されます。

 

乳酸をエネルギーに変化させられないので、疲労となって出てきます。

 

そんな時、クエン酸が体内に入ると、乳酸や脂肪を燃焼させて、エネルギーとしてもらえる。

 

そうして体から疲労を省き、回復効果をアップしてくれる働きがあります。

 

 

また、クエン酸は老化抑制にも一役買っていますよ。

 

クエン酸を摂取すると、新陳代謝が良くなりますので、細胞が活性化され、アンチエイジングに役立ちます。

 

ですから、アンチエイジングにもクエン酸という事ですね。

 

 

また、クエン酸はアレルギー性疾患も緩和してもらえる。

 

最近は、花粉症で苦しむ人も多いですよね。

 

喘息、アレルギー性皮膚炎なども、花粉症同様に緩和してもらえる

 

そしたら、レモンなどを生ものに入れることがありますが、これは、クエン酸に殺菌力があるからです。

 

クエン酸は、食中毒の予防もしれくれて、グングン、大腸菌を殺菌する力もあります。

 

くどいクエン酸液ですと、水虫に効くと言われています。

 

良くお酢を含ませたものに足を濡らすと水虫に良いと言いますが、これはクエン酸が持っている殺菌効果によって水虫菌が撃退されるのです。

 

また、肌にも素晴らしいことから、少なく溶かして湯船に入れて入浴すると、アトピー性皮膚炎や湿疹などに効果があります。

 

クエン酸を口から摂取しての効果だけでなく、体の外側もケアして受け取るとは嬉しいですよね。

 

また、荒れてしまった胃の粘膜を正常に戻したり、口臭防止にも効果があったりと、クエン酸はまさに万能ですね

 

 

クエン酸のさまざまな効果その2

クエン酸と痛風

 

また、クエン酸、リンゴ酸などの果実酸と呼ばれているものは、角質の除去に効果があります。

 

そうしたら、細胞が再生するのを促します。

 

そうして、美白効果もありますから、クエン酸を入れた湯船に浸かるのもスキンケアの1つです。

 

湯船に70グラム前後のクエン酸を入れて入浴すると、弱酸性温泉と同じような水質になりますから、スキンケアにはとても良いです。

 

また、クエン酸液を適量に薄めて、顔、体に付けるスキンケアも出来ます。

 

乾燥などから肌を守ってもらえる。

 

 

他にもクエン酸の携帯している可能性はまだまだあります。

 

ひとまず、健康維持にもクエン酸は良いのです。

 

たとえば、肩こりを予防したり、リウマチを予防したり、神経痛を予防したり出来ます。

 

疲労もの質、乳酸が体内でできあがること抑制しますから、疲労回復にも役に立つのです。

 

 

また、クエン酸を摂取していると、コレステロールや、中性脂肪体内に積み増し辛くなります。

 

コレステロールなどが血中に止まり難くなると、血液の流れが良くなります。

 

そうすると、さまざまな病気を起こす「血栓」が適いにくくなります。

 

血栓が出来なければ、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などを発症する兆候が減ります。

 

 

また、クエン酸サイクルという活動が、脂肪を絶えず分解し、体の外に排出してくれるので、体内に脂肪が貯まりづらく、ダイエットにもなるのです。

 

みなさん、「クエン酸ダイエット」という言葉を聞いたことがあると思いますが、いかがでしょうか?

関連ページ

クエン酸とは
クエン酸とお酢その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸とお酢その3
クエン酸と美容その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と美容その3
クエン酸を食事に取り入れようその2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸を食事に取り入れようその3
クエン酸サイクルその1、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸サイクルその2
クエン酸とミネラル、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と血液その1
クエン酸と血液その3、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。