クエン酸を食事に取り入れようその3

クエン酸を食事に取り入れようその3

また、ピクルスもたっぷりとお酢においていますから、ご家庭で作ってみるのも良いでしょう。

 

ピクルスといえば、ハンバーガーなどにはさまれているあのちっちゃな野菜の漬ものというイメージがあるでしょう。

 

しかも、おししくないと思っている人も多いかもしれませんね。

 

ですが、自家製ピクルスはとても美味しいのです。

 

 

我が家は野菜をたっぷり頂いたときなど、食べきれない分はピクルスをつくって保存しておきます。

 

また、野菜がちょっとだけ余ったときなども作っておきます。

 

きゅうりや、きゃべつ、タマネギ、ピーマンやパプリカ、にんじんなど、各種野菜がピクルスになりますよ。

 

お酢の加減も甘さ加減も自由にスキなように出来ますから、自家製ピクルスはお勧めです。

 

 

洋風料理の付け合せにも合いますし、お酒のおつまみにもなります。

 

また、漬ものの代わり毎日、食卓に出しておくことも良いでしょう。

 

そうして、ちょっとずつ色々なものでお酢を口に入れることが出来たら、クエン酸を摂取することにも困りませんよね。

 

 

そうしたら、なんと言ってもお寿司はお酢による日本の代表的メニューですよね。

 

酢飯は、食欲のないときでも食べられますからね。

 

また、お寿司と言っても種類がいろいろあります。

 

たとえば、彩り豊かなちらし寿司もありますし、おいなりくん、巻き寿司、太巻きもあります。

 

また、丼ものそれでは、鉄火丼、海鮮丼などもありますよね。

 

これら寿司飯によるメニューで、おししくクエン酸を摂取したいものです。

 

 

 

クエン酸は体をアルカリ性にする

クエン酸を食事に取り入れようその3

 

クエン酸は体に良いことは、みなさんもご存知かもしれません。

 

身近なところで、レモンなどがありますから、普段からクエン酸を極力摂取するようにしたいです。

 

では、体に良いことで大きく知られているクエン酸、これを摂取することにより、体内では現に如何なることが起こっているのでしょうか?
また、クエン酸はどのようにして体に効くのでしょうか?

 

クエン酸は病気に対して抵抗する力、またはそれを治そうとする力、ナチュラルヒーリングをアップさせます。

 

普段から気をつけてクエン酸を摂取している人は体が丈夫になり、ウィルスや病原菌が進入して来てもそれを攻撃したり撃退したりする耐性が強くなります。

 

また、万が一、病気にかかっても早く回復する体として頂ける。

 

 

お酢や、レモン、また、梅干などは、昔から「食べると体に良い」と言い保ています。

 

昔の人は体がアルカリ性になると良いということなども知らずに言っていたのでしょうが、これは正解なのです。

 

これらの、すっぱいと感じる食品は酸性食品と言われます。

 

海藻、果もの、野菜などは、アルカリ塩類と呼ばれる、ナトリウム、カリウム、そしたらカルシウムを含んでいます。

 

そうして、摂取された後、体内で分解されると、体がアルカリ性になるのです。

 

ですから、これらはアルカリ性食品と言われていて、酸性食品を摂取すると体がアルカリ性になるとは面白いですよね。

 

人の体は、とっても複雑であり、体内は弱アルカリ性の状態がベストなのに、単体に体の外側は弱酸性が良いそうです。

 

 

 

クエン酸サイクルその1

クエン酸を食事に取り入れようその3

 

クエン酸が体内でどういう活躍を通しているのかと言いますと、クエン酸が変化することにポイントがあります。

 

まず、体の中に食ものが入ると、消化されますが、この時、デンプンはブドウ糖に変化します。

 

そうしたら、たんぱく質は20種類余りのアミノ酸に変化します。

 

また、脂肪は分解され、脂肪酸とグリセリンになり、このようにそれぞれの成分が変化しているのです。

 

 

そうして、消化浴びる段階で、分解された分子、クエン酸を通して燃焼します。

 

燃焼することでクエン酸は違う形の酸にずっと変化していくのです。

 

そうして、一通り移ると、誠に、またクエン酸に戻るのです。

 

このサイクルをクエン酸サイクルと呼びます。

 

分解されながらクエン酸を中心とした色々な酸に変化しつつ、エネルギーに変わるということです。

 

簡単に言えば、尿や汗として老廃ものを差し出す、呼吸で汚れた空気を外に出す、このような基本的代謝活動が、クエン酸サイクルなのです。

 

 

因みに私達の体内には60兆個も細胞があると言われています。

 

そのひとりひとりの中で、クエン酸サイクルという代謝活動をできるようにクエン酸が重要なのです。

 

クエン酸サイクルが体内で活発に行われれば、ダイエットすることも出来ます。

 

摂取した脂肪分だけでなく、もはや蓄えられてしまった脂肪もクエン酸サイクルによって燃焼させることが出来ます。

 

ですから、ダイエットにもクエン酸が良いと言われるのです。

 

細胞が代謝活動を活発に行えば、当然ながら、肌もはつらつしてきます。

 

ですから、美容にもクエン酸が良いということになりますね。

関連ページ

クエン酸とは
クエン酸とお酢その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸とお酢その3
クエン酸と美容その2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
クエン酸と美容その3
クエン酸を食事に取り入れようその2、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。