クエン酸とは

クエン酸とは

みなさんはクエン酸と呼ばれるものをご存知でしょうか?
一番、身近なところでレモンなどのすっぱいものを想像する方も多いでしょう。

 

勿論、レモンだけではなく、オレンジ、グレープフルーツなどの果ものにはクエン酸が含まれています。

 

 

さて、このクエンとは、どういう意味なのでしょうか?
クエンは、「枸櫞」と書きます。

 

これは色々いうと、中国のミカンです。

 

ですから、クエン酸はかんきつ類、梅干しなど、すっぱいものに手広く含まれていて、爽やか酸味と言われています。

 

 

化学名もクエン酸で、英語名はcitric・acidと言います。

 

果ものの酸味の成分がクエン酸ですので、特徴として水に溶け易いことがあげられます。

 

クエン酸は、食品添加ものにも使われていることが多く、また、サプリメントの原料にもなります。

 

これらは人工にでき上がるものであり、デンプン、糖などを、コウジカビの一種を使用して発酵させるのです。

 

 

クエン酸は性質上、酸性ですから、アルカリ性のものを中和させたり、カルシウムを溶かしたりすることが出来ます。

 

ですから、この利点を利用して、お掃除やお洗濯に通じることが多いのです。

 

洗剤を使いたくないものを掃除する時には、このクエン酸が活躍するのです。

 

また、お洗濯では仕上げ剤として、シャンプーの後のリンスとしても、クエン酸が通じることがあるようです。

 

 

クエン酸と同じ酸性もの質である酢酸というものもあります。

 

酢酸はお酢の成分ですから、鼻にツンと訪れる刺激臭がありますよね。

 

 

 

クエン酸とは続き

クエン酸とは

 

揮発性の酢酸ですから鼻に来るのは仕方ないのですが、一方、クエン酸は揮発性ではなく、さわやか匂いがします。

 

また、クエン酸が重宝浴びるのは、汚れを落とす力があることです。

 

水においているミネラル分が原因による頑固な汚れをクエン酸が溶かしていただける。

 

たとえば、ポットの中の水垢、シンクの水垢などを落としてくれる。

 

 

ですから、台所用のお掃除洗剤ではクエン酸によるものなどが多々販売されています。

 

オレンジなどを原料としているので万が一、少量が口に入ってしまっても心配ないということから重宝されているのでしょう。

 

ポットの中などは、洗剤において洗うのは抵抗ありますからね。

 

ですが、大量に飲み込んでしまった場合は病院にかかったほうが良いでしょう。

 

また、目に入るとしみますから、すぐに水で十分すすいでください。

 

痛みがおさまらないようでしたら、前もって病院で診てもらったほうが良いです。

 

 

また、クエン酸では油脂、たんぱく質などの汚れは取り外せませんから、台所用のお掃除洗剤にはなってもお洗濯洗剤にはなれませんね。

 

シンクなどをお掃除するのは良いですが、間違っても大理石をクエン酸で掃除してはいけません。

 

炭酸カルシウムと主成分としている、大理石は、クエン酸で溶けてしまうからです。

 

また、クエン酸は酸性で、その成分から匂い消しにもなります。

 

酸性はアルカリ性の匂いを消してくれるので、トイレなど、アンモニア臭を中和させるのにクエン酸は活躍するのです。

 

 

 

クエン酸とお酢その2

クエン酸とは

 

これは、酢酸が蒸発しやすく、悪い温度であってもすぐに気体になってしまいます。

 

ですから、お酢の瓶を開けただけで、鼻につんとしまうよね。

 

口に入れたとたん、酢酸が蒸発しますから、酸が気体となって、喉を刺激します。

 

また、気化しやすいので匂いも部屋中に広がってしまいます。

 

酢酸は、人間の体内に入った後、クエン酸に変化します。

 

 

そうしたら、クエン酸と言うと、レモンなどの果ものを連想しますが、果実やお酢だけにあるものではありません。

 

他にも、みなさんの身近なところで、梅干しなどにも含まれています。

 

梅干は大きさにもよりますが、きっと一門あたりで約0.35グラムのクエン酸があるそうです。

 

また、代表的なものはレモンですが。

 

一門あたり、総じて3グラム前後のクエン酸が含まれています。

 

 

しかも、クエン酸は体に良いだけでなく、香りなどで私達の食欲をそそります。

 

柑橘系の果ものもとても美味しいですよね。

 

また料理のエッセンスとしても役立ちますね。

 

たとえば、料理にかけるレモンも、言ってみればクエン酸を摂取していることになります。

 

揚げものをはじめ、サラダやマリネ、各種ものにレモンを絞って見張ると美味しいですよね。

 

焼き魚にもレモンを絞ってふりかけると、だいぶ相性が良くてお魚の味が引き立ちます。

 

また、焼き鳥など、グリルしてあるお肉にも、レモンがずいぶん合いますので、お料理に添えられている場合が多いですよね。

 

ですから、お酢だけでなくレモンもどんどんお料理に使いたいですね。