入学式のメイクの仕方

入学式のメイクの仕方

誰もが心踊り、そして浮き足立つ入学式。

 

そんな入学式のメイクの仕方まずは、季節感を押し出すという点を考慮すると良いでしょう。

 

入学式は4月、春真っ盛りの時期に行われます。

 

従って、春に相応しいメイクの仕方をすることで、自然と入学式に合ったメイクになります。

 

春を意識したメイクは、それぞれのポイントメイクに扱う色を桜色もののものにするのがポイントです。

 

アイシャドウをピンク、またはない紫として、チークや口紅も薄めのピンクにすると良いでしょう。

 

血色が良い人はチークはわざわざ入れず、ファンデーションも控えめにすることでナチュラルメイクものの形に成し遂げると、春らしいスッキリ爽やかメイクになるのではないでしょうか。

 

ただ、全体的な仕上がりを春らしくするだけが入学式向けのメイクというわけではありません。

 

その場に応じたメイクでなければ、仮に季節感を出しても場の空気に馴染めないものです。

 

これから入学する学校のカラーに合わないケバイメイクや、反対に地味すぎるメイクでは、周りから一人だけ浮いてしまいます。

 

どういった校風の学校に入学するかということも考え、メイクの仕方を考える必要があるでしょう。

 

また、おんなじ入学式のメイクも、自分の入学式のメイクと子供の入学式に参列するときのメイクでは、気をつけるべき点が至極違います。

 

保護者として参列する場合にはメイクに力が入りがちですが、幼稚園や小学校の入学式にはしつこいメイクは合いません。

 

他の父兄や担任の先生に好印象を与えるためにも、軽めの品のあるメイクにしておくことをお勧めします。

 

 

入学式のメイクの注意点

入学式に出席するときのメイクの仕方で注意すべき点は、自分の入学式か、子供の入学式に保護者として参列するかで変わってきます。

 

取り敢えず、自分の入学式に関してですが、高校なのか大学なのかということそれでも大きく変わってきます。

 

高校の入学式なら、言うまでもなくメイクをやるではありません。

 

近年まずは、メイクを通している高校生を街で見掛けることも珍しくはなくなっています。

 

ただし、入学式の場でそれをすると程度によっては浮いてしまいますし、その後の学校生活においてもマイナスになる可能性があります。

 

風紀の先生の目もありますから、しっかりノーメイクで参列するようにしましょう。

 

大学の入学式なら、ある程度のメイクをしたほうが良いでしょう。

 

大学生はそれまでとは異なり、社会人に間近いスタイルが要求されます。

 

しばらくケバイメイクを通しても、常識から飛びていない限りは個性の範疇です。

 

自分の手で自分をプロデュースしてみましょう。

 

目元はまつ毛をマスカラやアイブロウなどで際立たせ、アイシャドウはある程度ラメなどが入っていても問題ありません。

 

自分が何をはおるのかということや、その色合いも踏まえた上でメイクの度合いを決めると良いでしょう。

 

メイクをすることに慣れていなければ、百貨店のコスメティック売場の販売員に当日の服装に合うメイクの仕方を教えてもらったり、自分でする自信がなければ、当日メイクだけ美容室でして味わうこともできます。

 

一方、保護者として参列する場合のメイクは、いまいち目立たないようにすることをオススメします。

 

保護者がケバイメイクで目立つことはさほど素晴らしいとはいえませんので、抑え目のメイクでの出席をオススメします。

関連ページ

メイクの仕方で印象は大きく変わる
アイライナーの引き方、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイシャドウの仕方
アイブロウで眉を整える、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイメイクの注意点
ファンデーションの種類、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
洗顔は優しく
下地クリームをしっかりと、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
ファンデーションの塗り方
口紅の色を決める、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
結婚式のメイクの仕方
結婚式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
お葬式のメイクの仕方
お葬式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
成人式のメイクの仕方
成人式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
面接時のメイクの仕方
就職面接でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
卒業式のメイクの仕方
卒業式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。