面接時のメイクの仕方

面接時のメイクの仕方

学生と社会人の間には、明確な差があります。

 

メイクはいかなる場に来るのかによって乗りかえるものだが、学生と社会人とではメイクの仕方を考えるシチュエーションが大いに違うものなのです。

 

社会人がするメイクは、主に仕事面を意識する割合がかなり大きくなります。

 

その第一歩といえるのが、就職面接時でのメイクではないでしょうか。

 

就職面接を受けるときのメイクの仕方は、大人として、社会人として望ましいメイクという点を最大のテーマとして考える必要があります。

 

それが何を意味するのかというと、バランス面がどんどん重要に達するということです。

 

無論、ケバイメイクは面接にはふさわしくありません。

 

それだけで、面接官のその人に対する印象が悪くなってしまいます。

 

面接の時にするメイクは、基本的にナチュラルメイクが良いといわれています。

 

メイクで加点わたるということは、面接においては特にありません。

 

減点されないことを第一に考えましょう。

 

そのためには、最低限のナチュラルメイクがベストです。

 

ナチュラルメイクは、ファンデーションを薄めにしたり、チークや口紅の色を切り詰め目にしたりするといったものだけではありません。

 

からきしメイクをしていないかのように見せつけるのがナチュラルメイクではないのです。

 

派手でなく、かといって薄化粧すぎることもない、ポイントを抑えた品のあるメイクが好印象を与えるナチュラルメイクです。

 

就職面接時ではこういう点を踏まえ、良識ある社会人であることをアピールしましょう。

 

 

就職面接でのメイクの注意点

就職面接の時に面接官に達するメイクの印象は、あんまり軽視はできません。

 

面接官は、応募者が如何なるメイクを通じているかで、その人の人間性も評価することがあります。

 

場に合わない格好、挨拶、所作、そしてメイクの仕方は、大きなマイナスポイントになります。

 

従って、就職面接を受けに行くときのメイクの仕方で注意する最大のポイントは、場に合わないメイクをしないことです。

 

ただ、これはほとんどの人が守れていることでしょう。

 

就職面接を受けるときのメイクの注意点は、ポイントメイクの仕方にあります。

 

一旦目の周りですが、可愛い色が好まれる傾向にあります。

 

嬉しいといっても、やはり派手にするのはだめ。

 

オススメは、明るめのベージュです。

 

眉毛やまつ毛も、強調しすぎない程度としておきましょう。

 

そうしてアイラインも同様です。

 

グラデーションをきかせ、メリハリを大げさに断ち切るくらいに整えておくと良いでしょう。

 

ファンデーションの量は、心持ち少なめくらいにしておきます。

 

色は白くなり過ぎないよう、自然の肌と調和する色が良いでしょう。

 

ですが、仮に面接当日に肌の調子が悪い場合は、若干濃いめに調整しても良いかもしれません。

 

口紅はやはり強い印象を届ける箇所のため、色は慎重に選ぶ必要があります。

 

無難に薄めのローズ系を選ぶのが嬉しいとしています。

 

決して果敢に攻めることはせず、常識的な範囲でまとめておきましょう。

 

面接の合否を激しく決定付けるものではないとはいえ、メイクは礼儀や常識を評価される部分であることは確かです。

 

面接はやり直しがきかないので、再三失敗しないようにください。

関連ページ

メイクの仕方で印象は大きく変わる
アイライナーの引き方、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイシャドウの仕方
アイブロウで眉を整える、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイメイクの注意点
ファンデーションの種類、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
洗顔は優しく
下地クリームをしっかりと、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
ファンデーションの塗り方
口紅の色を決める、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
結婚式のメイクの仕方
結婚式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
お葬式のメイクの仕方
お葬式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
成人式のメイクの仕方
成人式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
入学式のメイクの仕方
入学式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
卒業式のメイクの仕方
卒業式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。