お葬式のメイクの仕方

お葬式のメイクの仕方

結婚式とは全く逆の場となるお葬式ですが、そうした場もメイクは必要です。

 

お悔やみの場なので化粧をするのは失礼…などということはありません。

 

寧ろ、ノーメイクで行くよりも品のあるメイクで弔問に出かけるのがマナーといえるでしょう。

 

それこそメイクをする暇も弱いくらい急いでいるケースを除けば、ちゃんとメイクを通じておく必要があります。

 

お葬式のメイクの仕方においては、普段よりも控えめの色を選ぶということが重要です。

 

普段ケバイメイクを好んでいる人は、カラートーンを抑えて全体を合わせるようにください。

 

お葬式のメイクの仕方でよく失敗するケースは、普段の化粧そのままの感覚で口紅やチークの色だけを統べるという中途半端なメイクになってしまい、全体のバランスが悪くなるパターンです。

 

口紅などのトーンを洗い流す場合は、アイメイクやファンデーションなども控えめにしてバランスをとるようにしましょう。

 

お葬式に対し、告別式やお通夜では些か考え方が変わってきます。

 

生前に明るい人で、告別式も華やかにしよという人だった場合は、結構明るめのメイクも問題ありません。

 

生前の故人の人柄をよく理解している、と親族にみなして取れることでしょう。

 

しかし、それには親族とかなり親しくしていることが条件となります。

 

あまり近しくない方の告別式やお通夜では、お葬式と同じメイクが妥当です。

 

あまり軽々しく、派手にならないことを念頭に置いておけば、それほど大きな間違いはとめるはずです。

 

 

お葬式でのメイクの注意点

お葬式に参列するときのメイクにおけるポイントは、場にそぐわないことをしないということです。

 

結婚式同様、お葬式は常識が仰る場です。

 

間違ってもケバイメイクで出席しないようにください。

 

お葬式でのメイクの仕方として殊更注意しなくてはならないのは、ラメやパールなどのギンギンしたものを使わないということです。

 

アイシャドウなどに普段こういうケバイものを使っている人も、お葬式では使用しないようにください。

 

口紅も同様で、グロスなどはそれほど問題ないですが、色合いがケバイものは控えるようにください。

 

親族の葬式であっても、それは同じです。

 

親族同士の場合、メイクはなんとなく派手になりがちです。

 

というのも、親族の場合は自分が出かけて行くのではなく控える形になるため、失礼のないようにとメイクをしっかりするケースが多いからです。

 

ですが、お葬式はそんな失礼は一切ありません。

 

弔問客と同じように、色を抑えたメイクにするのが規則正しいマナーです。

 

ナチュラルな感じが相応しいとはいっても、とってもメイクをしないのもマナー違反となります。

 

ナチュラルメイクがスキな人は、ノーメイクに見られないように普段より若干メリハリを付けるくらいでも良いかもしれません。

 

お葬式は故人を偲ぶ場なので、それに良いメイクで臨むように心がけましょう。

 

お葬式でのメイクの仕方で何より多い失敗は、結婚式同様バランスの調整ミスです。

 

色を控えめにするために白を強調し、ファンデーションを濃くして色を統べるは大して得策ではありません。

 

口紅等を抑え目にする場合は、ファンデーションも小さくするなどしてバランスを取りましょう。

関連ページ

メイクの仕方で印象は大きく変わる
アイライナーの引き方、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイシャドウの仕方
アイブロウで眉を整える、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイメイクの注意点
ファンデーションの種類、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
洗顔は優しく
下地クリームをしっかりと、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
ファンデーションの塗り方
口紅の色を決める、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
結婚式のメイクの仕方
結婚式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
成人式のメイクの仕方
成人式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
面接時のメイクの仕方
就職面接でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
入学式のメイクの仕方
入学式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
卒業式のメイクの仕方
卒業式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。