結婚式のメイクの仕方

結婚式のメイクの仕方

メイクというのは、いわゆる「TPO」、時間と場所と場合を考慮する必要があります。

 

時間というのは、時期のことです。

 

春夏秋冬の季節もそうですし、年齢もそうです。

 

場所や場合は、そのシチュエーションや、外出する際には如何なる所へ行くのか、あるいはどういった場へ伺うのか、ということを考える必要があるということになります。

 

その中で更にメイクの仕方の使い分けが求められるのは、冠婚葬祭のメイクです。

 

それぞれに、その場に合ったマナーというのが存在しているだけに、メイクも日常通りに関してにはいきません。

 

それぞれの場に合ったメイクの仕方をマスターしておかないと、その場の空気を乱す原因になるばかりか、マナーや常識を知らないなどの不本意なレッテルを貼られてしまうことにもなりかねません。

 

たとえば、結婚式に関してもその場に合ったメイクの仕方があります。

 

結婚式という華やかな席に出席する場合には、メイクは明るめにすることを心がけましょう。

 

ファンデーションを多めにして、ますます白いを強調したほうがいいですね。

 

くすんだメイクをしてしまうと、せっかくのうれしい場の空気を台無しにしてしまいます。

 

厚化粧にならない程度のラインを見極めて、華やかメイクに徹しましょう。

 

チークや口紅、アイカラーなども、執念深い色を使用することをお勧めします。

 

濃い色のメイクは日常では何だかする機会がないので、方向づけるのは案外大変です。

 

華やかな場にお呼ばれした時のために、しつこい色によるバッチリメイクの仕方を覚えておくと良いでしょう。

 

 

結婚式でのメイクの注意点

結婚式のメイクで注意する点は、質素になりすぎないことです。

 

ナチュラルメイク派の人は、何より気をつける点と言えます。

 

というのも、結婚式という場において、概して化粧していないようなナチュラルメイクは、マナー違反とまでは言われないものの、きちんと歓迎されないからです。

 

こういった場は、しっかりとおめかしして来ました、というアピールが必要です。

 

そのため、ファンデーションも、チークも、普段より心持ち多めにしておくと良いでしょう。

 

割と苦労するのが、アイメイクです。

 

結婚式仕様のアイメイクの仕方というのは、他の部分と比べると複雑だったりします。

 

口や頬などは、多少明るめの赤という選択肢が一般的ですが、アイメイクはそれほどナチュラルでも構いません。

 

無論、普段より下地がくどいということは念頭においておく必要がありますが、全然アイメイクまできらびやかとしてしまうと、単なる厚化粧になってしまいます。

 

アイメイクは、アイシャドウを白などの清純な色としてケバケバしさを切り詰めるのが有効な手段です。

 

アイラインはしっかりと引いた方が良いでしょう。

 

但し、グラデーションは忘れないことが大切です。

 

眉は、できればしっかりと描き込みましょう。

 

結婚式のメイクの仕方としては、派手さ以上にはっきりとしたメイクが好ましいです。

 

普段はほとんどしっかり描き込まないという人も、結婚式という華やかな場にお呼ばれする時として、眉やアイラインもいつもよりきちんとしておくべきです。

 

結婚式のメイクは、目のぼりすぎない範囲で気合を来れるのがベストといえるでしょう。

関連ページ

メイクの仕方で印象は大きく変わる
アイライナーの引き方、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイシャドウの仕方
アイブロウで眉を整える、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイメイクの注意点
ファンデーションの種類、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
洗顔は優しく
下地クリームをしっかりと、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
ファンデーションの塗り方
口紅の色を決める、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
お葬式のメイクの仕方
お葬式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
成人式のメイクの仕方
成人式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
面接時のメイクの仕方
就職面接でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
入学式のメイクの仕方
入学式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
卒業式のメイクの仕方
卒業式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。