アイメイクの注意点

アイメイクの注意点

アイメイクには、いくつかのポイントがあります。

 

これは、使用する道具やメイクする箇所によってことなるので、ポイント特別注意すべき点を認識しておく必要があるでしょう。

 

メイクの仕方を学ぶ上では、理想とポイントの両方を学んでおく必要があります。

 

メイクを始める前に、では頭の中に入れておくと良いでしょう。

 

アイラインを退くにあたり、すごく目を見せようとして全くくどいラインを退く場合は、ぼかしを含めるのがポイントです。

 

それをしないと、マジックで線を引いたようななんとなくおかしなラインになります。

 

太めの線を退く場合は、アイシャドウによってグラデーションを塗り付けましょう。

 

下まぶたに退くラインは、タレ目に見せたり、あるいは釣り目の印象を鎮めるために強調する人が多いようですが、これも控えめにしないとバランスがまったく悪くなります。

 

賢く散らして、印象が集中しないようにください。

 

アイシャドウに関しては、色の選択がなんとも重要です。

 

青が濃すぎると、厚化粧と思われがちです。

 

オレンジに関しても同様ですが、オレンジの場合はある程度肌に溶け込むので、そこまで気にしなくても良いでしょう。

 

重要なのは、自分がどうして見られたいかということです。

 

それによって、メイクの仕方も変わってきます。

 

ナチュラルメイクを目さすなら、はなはだ薄めの色を利用しましょう。

 

まつ毛に関しては、メイク中に毛穴にバイキンが入らないよう注意しましょう。

 

人間の身体の中で、目の周囲は非常に軽く、中でもまつ毛のあたりはかなり弱々しい部分なので、わずかバイキンが入るだけで腫れてしまいます。

 

ビューラーなどのアイメイクに扱うアイテムは、できるだけこまめに洗っておきましょう。

 

 

ベースメイクは加減が大切

顔全体、そしてメイク全体の土台となるベースメイクは、加減が重要です。

 

メイクの仕方によっては、それだけで厚化粧とみなされるからです。

 

ベースメイクが濃すぎると、そのままくどい印象を与えるだけではなく、アイメイクや口紅など、他のメイクにも大きな影響が出てきます。

 

たとえば、ベースメイクが濃くて口紅がないと、唇の色が無い人だと思われてしまいます。

 

そのため、顔のメイクは必ずしもベースメイクに引っ張られる形になります。

 

つまり、自分がどの程度のメイクをしたいのか、ということを最初に考えた上でベースメイクをしないと、全体のバランスをうまく保てないのです。

 

具体的にベースメイクの仕方を弱く説明していきましょう。

 

ベースメイクは基本的にいくつかの層を作って出向く作業となりますが、できればその層を少なくすることが望ましいですね。

 

厚化粧にしないためです。

 

層は、主にカラーコントロール、リキッドファンデーション、ハイライトといったもので作っていきます。

 

カラーコントロールは、ベースメイクのそのまたベースになるところです。

 

いかなる濃度の色にするか、しっかりと確認しておきましょう。

 

これに関しては、何度も違う色を試して馴染む色を捜し出すのが一番です。

 

リキッドファンデーションは、それぞれの顔のパーツ特別考え、量を調整していきます。

 

塗りすぎも、反対の塗らなすぎも問題なので、適量を把握しておきましょう。

 

ハイライトは、あたかも仕上げです。

 

そのため、どうしても大きな間違いはしない部分ですが、それほどキツめにならないようにしましょう。

 

 

ファンデーションの種類

ベースメイクをする場合、ほんとにカラーコントロールなどで下地を吐出し、そしてファンデーションを馴染ませます。

 

ファンデーションはベースメイクで最も重要な部分であり、基礎となる部分なので、どんなファンデーションを選ぶかということが重要となります。

 

ファンデーションには、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの2つがあります。

 

リキッドファンデーションは、液状でしっとりとしたファンデーションです。

 

それに対しパウダーファンデーションは状になってあり、手軽に使用出来るのがポイントですね。

 

初心者向きなのは、パウダーファンデーションです。

 

修正がしやすいという点が一番便利です。

 

そのため、まだまだメイクに慣れていないという人は、パウダーファンデーションを使用することをオススメします。

 

ファンデーションによるメイクの仕方それでは、目的や場所を考えて使用することが大切です。

 

たとえば、ナチュラルメイクに仕上げたい場合はパウダーのみを使用し、外出する場合にはしっかりと統べるためにリキッドを使用するなどというように、自分をどうして見せたいか、どういう用途があるのか、ということを考えた上でメイクの仕方を考えると、嬉しい具合に外見をコントロール出来るでしょう。

 

また、ファンデーションは肌質によっても使い分けが必要となります。

 

リキッドファンデーションは油分を多めに含んであり、乾燥肌や普通の肌の人に向いています。

 

それに対し脂性ぎみの肌の人は、サラっとしたパウダーファンデーションが向いています。

関連ページ

メイクの仕方で印象は大きく変わる
アイライナーの引き方、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイシャドウの仕方
アイブロウで眉を整える、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
洗顔は優しく
下地クリームをしっかりと、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
ファンデーションの塗り方
口紅の色を決める、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
結婚式のメイクの仕方
結婚式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
お葬式のメイクの仕方
お葬式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
成人式のメイクの仕方
成人式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
面接時のメイクの仕方
就職面接でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
入学式のメイクの仕方
入学式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
卒業式のメイクの仕方
卒業式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。