アイシャドウの仕方

アイシャドウの仕方

アイシャドウに慣れていない段階では、使いやすいものを使用するのが良いでしょう。

 

そのため、初心者の段階ではパウダータイプを使用することをオススメします。

 

パウダータイプのメリットは、手軽に繰り返しられる点です。

 

失敗を恐れる必要が僅かので、初心者には最適です。

 

パウダータイプのアイシャドウにも複数の使い方があります。

 

指を使うか、チップを使うか、ブラシを使うかの違いですね。

 

指を使う場合は、自分の感覚である程度濃さをコントロール出来るので、最初は指でしたほうが良いでしょう。

 

チップは、粉が落ちづらく使いやすいので、指の次に始めると良いでしょう。

 

ブラシはある程度テクニックが必要で、最初のうちは粉が落ち易いので、最後に試すことをオススメします。

 

ただ、これらの方法は、なにも初心者ですからとか、熟練者ですからとか、こうしたことで区別する必要はありません。

 

アイシャドウの色合いによっても、どの色だったらどの方法が良いという相性もあるので、それぞれうまく使い分けることが必要です。

 

パウダータイプに慣れてきたら、他のタイプのアイシャドウを試してみましょう。

 

アイメイクの仕方は様々ですが、このアイシャドウの仕方を覚えると、ある程度いかなるメイクにも対応できます。

 

そんな意味では、アイメイクとか、メイクの仕方をここで学ぶとも言えるのかもしれません。

 

アイシャドウには、パウダータイプの他、ペンシルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプがあります。

 

ペンシルタイプは色をますます濃く塗り易い、クリームタイプは肌のなじみがよく浸透しやすい、ジェルタイプは伸びがよく手触りが良いというメリットがそれぞれにあります。

 

 

ビューラーの使用方法

まつ毛をキレイに考えるには、ビューラーを上手く使いこなせなくてはなりません。

 

ビューラーによるメイクの仕方は酷いわけではありませんが、気をつける点がいくつかあります。

 

それを留意した上で、やり方を覚えていきましょう。

 

ビューラーを使用するメイクの仕方で最初に注意すべき点は、一度で全てのまつ毛を整えようと諦めることです。

 

ビューラーの幅を考えれば大部分の睫毛を一度に挟み込むことは可能ところが、そうすると失敗の原因となります。

 

慣れるまでは小刻みに挟みこみ、少しずつ整えて出向く方法をお勧めします。

 

そのため、全体用ビューラーより部分用ビューラーを最初に使用したほうが良いかもしれません。

 

ビューラーには、いくつかの種類があります。

 

全体用ビューラーとは、単に一つの目のまつ毛全体を挟めるような大きさのビューラーです。

 

目の形に添って、カーブも両端に見られます。

 

それに対し部分用ビューラーは、数本のまつ毛を差し込むだけの狭いビューラーで、酷い分扱いはシンプルで使いやすいです。

 

また、ホットビューラーというものもあります。

 

これはドライヤーというもので、熱としてまつ毛を整えます。

 

これを利用することで、まつ毛のカールを長時間持続することが可能です。

 

ただ、初心者が取り扱うと軽々しい火傷をしてしまう原因になるので、ホットビューラーはある程度慣れてから使用したほうが良いでしょう。

 

ビューラーは、自分の目の形に合ったものを選ばないと、賢くカールを作れません。

 

目元の彫りが浅い人は緩めのカーブのものを、濃い人はきつめのカーブのものを選びましょう。

 

 

マスカラは手早く

目元の印象を広く取りかえるのはマスカラですが、この加減はそこそこ難しいと言われています。

 

マスカラによるメイクの仕方次第では、目元だけでなく、その人の顔、あるいはメイクからイメージする性格までもがそれまでとは異なることもあります。

 

というのも、マスカラはベースメイクにそれで厚化粧か薄化粧かの印象を決定付けるメイクだからです。

 

メイクの仕方をどうして考えているのかという点が、マスカラに起こるといっても過言ではありません。

 

従って、しっかりとマスターしておく必要があります。

 

マスカラには、はなはだたくさんの種類があります。

 

まつ毛のボリュームを差し出す「ボリュームタイプ」、長くのぞかせる「ロングラッシュタイプ」、カールさせる「カールタイプ」、ナチュラルなまつ毛に見せつける「セパレートタイプ」の4つが、主なマスカラの種類と言えるでしょう。

 

また、それらを補助する役割のものとして、「マスカラベース」、「トップコート」といったものがあります。

 

これらでかしこくコーディネートすれば、マスカラが落ちてパンダものの目になって仕舞うということを防ぐことができます。

 

マスカラのコツは、ともかく素早く集めることです。

 

ゆっくりしているとあっという間に乾いてしまい、ダマが残ってしまいます。

 

その前に、スクリューブラシなどでかしこくとかしてナチュラルに済ませましょう。

 

上まつ毛のマスカラは、根元から左右にかけて軽めに、下まつ毛のマスカラは量を鎮め目として塗りつけると良いでしょう。

 

 

アイブロウで眉を整える

現世、眉毛を整えない女性はかなり短いというくらい、眉毛のケアは当たり前のものになってきています。

 

それだけに、眉毛メイクの仕方は多様化してきてあり、これからメイクを始めようという人にとっては少々難問になっています。

 

ですが、眉毛を高めること自体は必ずしも難しくはありません。

 

問題は、自分の顔、目とのバランスをうまく取り去ることです。

 

眉毛メイクの仕方としては、主にアイブロウを使用します。

 

アイブロウというのは、簡単に言えば眉毛を描く道具ですね。

 

ペンシルタイプ、パウダータイプ、クリームタイプとありますが、基本的にはペンシルタイプを使用し、その副次的な役割で他のタイプを使用することになるでしょう。

 

場合によっては、眉マスカラも使います。

 

アイブロウは、色の選び方がポイントとなります。

 

眉毛は、人によって色が大きく変わることはあまりありません。

 

日本人であれば、眉の色はだいたい「黒」です。

 

ですが、細く見ていくと、おんなじ黒も無い黒、しつこい黒など、ずいぶん違いあることがわかります。

 

そのため、ベースとなる眉毛の色と賢く併せないと、不自然になる可能性があるのです。

 

瞳の色や髪の毛の色との相性も踏まえて選ぶと良いでしょう。

 

アイブロウは、眉頭、眉尻、眉山の3点を軸にして考えます。

 

では眉の毛の流れにそって全体を軽々しく整え、次に眉頭から眉尻にかけての間のどこかに眉山を設定します。

 

大体、中央よりはある程度眉尻寄りくらいの部分ですね。

 

そうして、眉頭から眉山、眉山から眉尻と、より描いていきます。

 

上手くムラを作って、不自然にならないように広めるのがポイントです。

関連ページ

メイクの仕方で印象は大きく変わる
アイライナーの引き方、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイメイクの注意点
ファンデーションの種類、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
洗顔は優しく
下地クリームをしっかりと、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
ファンデーションの塗り方
口紅の色を決める、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
結婚式のメイクの仕方
結婚式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
お葬式のメイクの仕方
お葬式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
成人式のメイクの仕方
成人式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
面接時のメイクの仕方
就職面接でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
入学式のメイクの仕方
入学式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
卒業式のメイクの仕方
卒業式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。