メイクの仕方で印象は大きく変わる

メイクの仕方で印象は大きく変わる

メイクはかつて、魔よけのために行われていたそうです。

 

時折、明らかに常軌を逸したような、恐ろしい印象を持たれるメイクを施した写真などを見極める機会があるかと思いますが、そんなメイクにはこんな創世記の名残がある、として良いでしょう。

 

そんな化粧の原点は、何だか7万年前に遡ります。

 

そうして、当時からメイクというものは顔の心象を凄まじく入れ替えるものとして認識されていたようで、魔よけや儀式のために行なうメイクだけではなく、とっくに美しくあげるための方法として認知されていたようです。

 

遥か昔のメイクの仕方というのは、当然今のような便利な道具やコスメティックなどがあるはずもないので、自然ものを使用して行っていたようです。

 

中世ヨーロッパでは、蜜蝋というものを化粧水やオイルの代わりに使用していたようです。

 

そうして、その上にファンデーション代わりの白粉を叩き、美白の顔を作っていたようです。

 

こういったメイクの仕方は、現代のメイクのベースとなっています。

 

そういった意味では、原点と今では何万年もの隔たりがあるものの、その土台となっている部分は変わっていないということになります。

 

日本においては、古代からずっと「おはぐろ」が化粧として行われていました。

 

歯を黒くするというこの習慣には様々な諸説がありますが、結局のところ、日本人は色々なものを包み込んでもらえる黒という色を好むところが一番の要因なのかもしれません。

 

一昔前に流行った「ガングロ」も、おはぐろを原点としているのかもしれませんね。

 

 

初心者のメイクの仕方

女性であれば、メイクをすることは社会的なマナーといえますし、時期がくれば誰もが興味を持つところかと思います。

 

逆に言えば、誰もがメイク初心者の時期があるとも言えます。

 

すぐさまメイクの達人、熟練者と同じような手際の良さときめこまかさを持ち歩いているはずもないので、これからメイクを学んでいこうという人は、気負うこと無く基本を勉強して行きましょう。

 

初心者のメイクの仕方で気をつける点は、化粧品の選び方です。

 

ついつい、最初は少ない化粧品で…と思いがちですが、それは間違いと断言してもいいくらいです。

 

化粧品というものは、基本的には相性の問題です。

 

値段の大きい少ないというのは、大して関係ありません。

 

ですが、メイクの初心者の場合は、なんとなく低い化粧品ばかりを追いがちです。

 

初心者のメイクの仕方としては、とりあえず「自分のフィーリングに合ったもの」を選んで見るということが大ことなのです。

 

初心者の時期というのは、誰もが早めに逃げ出したいものところが、本当はこの時期が一番、選ぶセンスは優れている時期です。

 

なぜなら、先入観を持ち歩いていないからです。

 

そうして、そういった時期は初心者の段階だけ。

 

この時期にどういう化粧品を選ぶかということは、その後のメイクにも大きな影響を与えます。

 

そこで安っぽいものという基準で選んでしまうと、その後かなり上達できません。

 

値段に関係なく、「これ」というもの、ピンときたものを通じてください。

 

それによって、自分自身で自分のセンスを自覚することができます。

 

 

アイメイクは顔を大きく変える

人間の顔には、様々なメイクを施すことのできるパーツがありますが、その中で何より人の顔の印象を置き換えることができるのは、前もって目です。

 

つまりは、アイメイク。

 

これが、メイクにおける中心となります。

 

では、こんなアイメイクの仕方を説明していきましょう。

 

アイメイクの仕方は、「アイライン」、「アイシャドウ」、「ビューラー」、「マスカラ」、「アイブロウ」といった所をマスターして出向くことが第一となります。

 

これらをしっかりとマスターした上で、アイプチ等に挑戦したほうがいいですね。

 

流行っているという理由だけで双方を作っても、結果的にはきちんと効果は上がりません。

 

基本を抑えておかないと目が顔全体にもたらす影響やバランスがわからず、二重の生かし方も理解できないためです。

 

最初にしっかりと基本を学んでおけば、一重から二重になった際にどういうアイメイクをすれば良いかということもいつの間にかわかってきます。

 

そういう意味でも、基本は大切です。

 

アイメイクの大きな特徴として、顔の印象を「変え越える」という点があります。

 

中にはアイメイクだけで、言わば整形したといった変貌を遂げる人もいます。

 

それは、大きなメリットとなるのと同時に、デメリットにもなるということです。

 

それほど印象が変わるということは、腹黒い方向に変わった場合のリスクもおっきいということだから。

 

それを回避するという意味でも、では基本を抑えておきましょう。

 

重要なのは、しっかりとあなたをプロデュースすることです。

 

 

アイライナーの引き方

アイメイクをマスターするために最初に感じ取るのは、アイライナーの引き方ですね。

 

アイメイクの仕方を覚える上では、最速これを覚えておいたほうが良いでしょう。

 

他のアイメイクの仕方を覚える上でも、役に立つ部分がたくさんあります。

 

アイライナーを退く上で重要なのは、継続することです。

 

最初は誰でも賢くはできません。

 

線がよれ、分厚くなりすぎたり細くなりすぎたりして、滑稽なラインになるものです。

 

それは誰もが通り過ぎる道なので、一気に上達しないと言って諦めないで、頑張って試し積み重ねることが大ことです。

 

アイラインは、上と下とである程度ファクターが変わります。

 

上は、まつ毛の根元が思えなくならないよう注意しながら引きましょう。

 

コツは、瞼を少しだけ閉じながら、顎を上げて鏡を確かめることです。

 

最初にラインを退く時は、まつ毛の間を少しずつ閉じる感覚で描いていくと良いでしょう。

 

ライン引きの順番としては、目尻から中央、目頭から中央、そして目尻という感じです。

 

どのラインを上げ下げするかで、印象はかなり変わります。

 

下のアイラインを退く場合は、下まつ毛の映えているラインに沿って、目の外側の3分の1程度まで見張る感覚で引いてみましょう。

 

コツは、線を一気に退くのではなく、少しずつつなげて行く感覚で行なうことです。

 

慣れるまではそれで問題ありません。

 

アイラインは、上下共に著しく目の印象を変えます。

 

また、元々の目の形、あるいは顔全体によっても、大きく描き方が変わってきます。

 

自分の顔に合ったアイラインの引き方は、自分で捜すしかありません。

 

そのためには、最も毎日少しずつでも練習することです。

関連ページ

アイシャドウの仕方
アイブロウで眉を整える、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
アイメイクの注意点
ファンデーションの種類、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
洗顔は優しく
下地クリームをしっかりと、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
ファンデーションの塗り方
口紅の色を決める、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
結婚式のメイクの仕方
結婚式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
お葬式のメイクの仕方
お葬式でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
成人式のメイクの仕方
成人式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
面接時のメイクの仕方
就職面接でのメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
入学式のメイクの仕方
入学式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。
卒業式のメイクの仕方
卒業式のメイクの注意点、シュトラウスのように感動し美しく美容と健康でいたい。