シュトラウスのように

2017/12/13 01:05:13 | クエン酸
また、クエン酸は、痛風の症状を改善して得る効果もあるそうです。代謝異常で起こってしまうのが、痛風ですからこれを修正します。痛風は素晴らしい痛みです。実家の父が数年前に痛風になりましたが、普段、弱音をはかない力強い父も、痛風の痛さは耐えられないと言っていました。クエン酸が効くと言っても薬ではないので、絶対に効くというわけではありません。クエン酸の性質のひとつに強酸性尿を弱酸性に中和するということがあります。これが痛風を改善することになるのです。では、どうして、強酸性尿を弱酸性に中和する働きがあるクエン酸が痛風に効くのでしょうか?そもそも、尿酸というものは、尿が弱酸性であると尿の中に溶け易いもので...
2017/12/01 01:05:01 | クエン酸
みなさんもご存知でしょうが、血液がサラサラしていると健康ですよね。動脈硬化も予防できますから、それが齎す様々な病気も予防出来ることになります。ですから、血液をサラサラにしたいという人は、クエン酸を取ると良いです。なぜなら、クエン酸は血液の浄化を通して得る働きがあります。血液をきれいにしてくれて、再び血管を深く丈夫にしてもらえる働きもあります。余計腎臓機能をアップさせる効果もあるのです。クエン酸は、体のあちこちにある臓器へ酸素をちゃんと運んでくれる。また、血圧も正常化してくれる。排泄や排便障害がある場合は、クエン酸がそれを改善してくれますし、また、老廃ものの排泄をスムーズにしてくれます。血液が正...
2017/11/22 01:05:22 | クエン酸
クエン酸サイクルについてお話している続きです。疲労もの質である乳酸、これは私にとって思い切り厄介なものです。乳酸が溜まると疲れを感じることになります。ですが、クエン酸が手っ取り早く分解、燃焼させていただける。疲れて酸性体質になってしまった体を素早く弱アルカリ性に改善してくれるのがクエン酸です。昔から、スポーツを通している間に、レモンのはちみつ漬けを摂る習慣がありましたよね。部活動を通していた方は経験があるでしょうが、これらは考えてみれば、疲れた体にクエン酸を与えていたのですね。子供のころから知らずに食べていましたが、そういったきちんとした理由があることを大人になってから知りました。クエン酸によ...
2017/11/10 01:05:10 | クエン酸
また、ピクルスもたっぷりとお酢においていますから、ご家庭で作ってみるのも良いでしょう。ピクルスといえば、ハンバーガーなどにはさまれているあのちっちゃな野菜の漬ものというイメージがあるでしょう。しかも、おししくないと思っている人も多いかもしれませんね。ですが、自家製ピクルスはとても美味しいのです。我が家は野菜をたっぷり頂いたときなど、食べきれない分はピクルスをつくって保存しておきます。また、野菜がちょっとだけ余ったときなども作っておきます。きゅうりや、きゃべつ、タマネギ、ピーマンやパプリカ、にんじんなど、各種野菜がピクルスになりますよ。お酢の加減も甘さ加減も自由にスキなように出来ますから、自家製...
2017/10/29 01:05:29 | クエン酸
このような説明を聞いたら、美容効果にかけてお酢を飲みたいと思った方も多いでしょうね。そこで、クエン酸を摂取したい方は、酢の中それでも、黒酢をお勧めします。「黒酢って言ってもお酢です?」という人も多いのですが、通常の食酢と違って黒酢は呑みやすいですよ。では、なんで黒酢は呑みやすいのでしょうか?それは、普通のお酢と違って、長期間、熟成させているからです。熟成された黒酢は、あの酢独特の耐え難い酸味や臭いが少なくなっています。そうして、まろやかさが出てくるのです。美容だけではなく、やはり、ダイエットにも良いと言われていますから、黒酢が含まれた飲料や、サプリも人気があります。また、案外割高ものではないの...
2017/10/17 01:05:17 | クエン酸
たとえば、人口のクエン酸を使えば、お酢と違ってまったく楽です。クエン酸は無色、または白色で、水やアルコールに溶け易いです。また、お酢と違ってクエン酸は蒸発しませんから、鼻につんときません。そうしたら、クエン酸をお料理に取り扱うことも良いですね。なぜなら、熱を加えてもかくし味としてお料理に残りますから、お菓子や料理のかくし味に幅広く使われています。お話したように、クエン酸は体に良いと言われても、意識して摂取していかないと相当取れません。自分で自分の体の健康管理をすることは、いやに重要です。依然として若々しいからと言ってのんきに構えていると、年を取ってから一大ことになります。健康は一日で作られるわ...
2017/09/26 01:05:26 | アミノ酸のはなし
運動するときにアミノ酸サプリメントを摂取する様にすると色々な効果が期待できます。たとえば筋力アップだったり、筋肉の負担が軽々しくなったりする様です。一層筋肉の量も上がる場合が有るそうです。筋肉量が増えると、その筋肉を働かせる為のエネルギーが必要になります。その為にアミノ酸の分解や合成が筋肉の中で促進受ける事になるのです。私達の身体は運動を通じている時だけでなく、寝ている時でもエネルギーを消費しています。これは身体を維持していく為に必要な行為なのです。何もしなくても消費受けるエネルギーが基礎代謝で1日あたり大体1200〜1400キロカロリー程だと言われています。無論、必要なエネルギーは個人差が有...
2017/09/14 01:05:14 | アミノ酸のはなし
今現在健康である人程、病気は何も考えていない人が多いと思います。ただし、いつ自分自身に病気が襲い掛かってくるか思い付かのです。また近年において食生活や日常生活から習慣病になって仕舞う若者も増えて来ています。生活を振り返ってください。痩せたいからと言って無理なダイエットをしていないでしょうか。お酒を呑み過ぎていないでしょうか。ストレスを貯めてタバコを吸ってはいないでしょうか。仮に、当たるものが有れば身体は悲鳴を挙げているかもしれませんよ。習慣病には糖尿病、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中等、病気になってしまうと命を落としかねない病気も含まれています。命は大丈夫でも後遺症に悩まされるかもしれない...
2017/09/02 01:05:02 | アミノ酸のはなし
アミノ酸には多々働きが有りますが、その中には血管拡張作用の効果があると言われています。とにかく血圧とは多々言うと、心臓が動くと血液が送り出されます。その血液が動脈に圧力を取り入れるその圧力の事を指しています。よく血圧が上がると言われますが、それは心臓から送り出された血液の量が多く圧力がきつく要する事、これはストレスや感情が抑揚なる等一時的にホルモンが分泌されて起きる症状です。また、血管が収縮している為に血行がスムーズじゃない事、こうなってしまうとこの状態が慢性化されてしまって高血圧の状態が続いてしまいます。これを高血圧と呼びます。高血圧とはこの2点を指しています。高血圧と血管の拡張には濃い関わ...
2017/08/21 01:05:21 | アミノ酸のはなし
コラーゲンと聞くと肌にハリが出るというイメージがあり、女性にはカワイイ成分ではないかと思います。最近ではコラーゲン鍋というものも出ていて、多くの女性が食べたいとしているのではないかと思います。ただし、コラーゲンはアミノ酸が何種類も結合して作られている成分ですから、コラーゲン自体の分子と言うのは大層幅広いものであると言うのです。よく化粧品等にコラーゲン配合と書かれている物が有りますが、分子が大きいという事は肌から浸透させる事は難しいという事なので、付けてコラーゲンの効果を得る事は難しいのです。元のアミノ酸自身は分子がちっちゃいですから肌から浸透させる事は可能だと思います。では身体の外から吸収が無...